無料の会員登録をすると
お気に入りができます

雨の憂鬱吹き飛んだ!できる女の[雨の日のモテテク]4つ

恋愛・結婚

雨の日ってすごく憂鬱になりますよね。
服が濡れて面倒ですし、暗いせいで気分が落ち込むように感じてしまいます。

しかし実は雨の日は彼をキュンとさせるチャンスなんです。
今回は、できる女の雨の日のモテテクを4つご紹介します。

(1)頭を拭きながら不意に彼を見つめる

『濡れた髪を拭きながら見つめられると色っぽくてクラクラする』(27歳/営業)

雨で濡れた女性の姿に色気を感じる男性はすごく多いです。
滴る髪の毛や肌、息をつきながら頭を拭く仕草にドキッとするんですね。

その状態で不意に彼のことを見つめてみてください。
ただでさえ色気があるのに、急に見つめられると、彼はいつも以上にドキドキしてしまいます。

あなたのことをさらに魅力的だと思うことは間違いないでしょう。

(2)さっと傘やタオルを貸す

『雨の日にさっと傘を出してくれると、できる子だなぁって思います』(26歳/マーケティング)

雨の日でも傘やタオルを用意し損ねるということって意外と多いですよね。
彼が傘やタオルがなくて困っているということに出くわすこともあるでしょう。

そんなときにあなたがさっと傘やタオルを貸すと、彼の好感度は大幅アップ間違いなしです。
できる女という印象が強くなりますし、単純にありがたいという気持ちになります。

自分もお礼しないと……と思うので、今以上にいい関係を築くことができますよ。

(3)周りに配慮して傘を使う

『傘を使う時に周りに配慮してるのを見ると、いい子だなって思います』(29歳/コンサル)

傘の使い方は性格が出るものです。
周りを気にせず豪快に閉じたり開いたりする人もいれば、周りに気遣い、細やかな動きをする人もいます。

男性から見て印象がいいのは、当然周りに配慮できる人です。
水ができるだけ飛ばないようにするといったことをさり気なく気遣い、スマートに傘を使うと、男性は「おっ」と思ってくれますよ。

(4)かわいく一緒の傘に入る

『一緒に入ろって言って、可愛く一緒の傘に入ってくるとキュンとする』(27歳/公務員)

雨の日というイベント最大限活用したテクニックです。
「傘がないから一緒に入れて」という、または彼に傘を差し出して、「一緒に入ろ」という感じですね。

いずれにしても彼は青春時代のことを思い出してドキッとしてくれることでしょう。
二人の物理的距離が近くなるというところもポイントですね。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ