無料の会員登録をすると
お気に入りができます

地域活性化するコスメ。日本各地で育てられた植物をつかったオーガニックコスメ5選

ビューティ

1.化粧水、乳液、美容液3つの役割が1本に。〈QUON〉

「ビューティーアクチュアライザー(オールインワンセラム)」50ml 3,800円(クレコス 0120-86-9054)

農地の回復や雇用の確保にも取り組むブランド。肥料や農薬を一切使わない、ワイルドクラフト=自然農で育てた奈良県大和茶の茶花、茶実、茶葉を使用。肌本来の力を引き出す。

2.天然成分だけで作ったシンプル保湿バーム〈華密恋〉

「スキンバーム」25g 2,000円(カミツレ研究所 0120-57-8320)

長野県に有機カモミール農園と自社工場を構えてコスメを販売するほか、ファームステイや環境教育プログラムなどで、次世代の農業への関心、環境意識を高める。保湿、消炎効果のあるカモミールを約20%配合。

3.紫外線ダメージの回復に役立つ洗顔兼パック〈Coyori〉

「海の泥パック」80g 2,858円(coyori 0120-175-375)

全国各地の自然素材を厳選してコスメを製造。農家や研究者と連携し、ひとつひとつの植物について研究を重ね、農業の付加価値アップに貢献する。汚れを吸着する海泥パックは、肌のくすみやごわつき解消におすすめ。

4.手肌を保湿しながら森の香りに癒やされて〈NALUQ〉

「ハンドクリーム スプリングエフェメラル」40g 2,500円(フプの森 01655-4-3223)

北海道の森林資源を無駄なく活用するため、伐採した木の枝葉からエッセンシャルオイルを抽出し、ボディケアコスメなどに配合。森林管理を支援する。雪解け後に花がほころぶ、春の森の香り。

5.ホイップクリーム並みに心地よいテクスチャー〈BOTANICANON〉

「ホーリーバジル インフューズドバーム」25g2,500円(ボタニカルファクトリー 0994-24-3008)

廃校になった鹿児島県の小学校を、ナチュラルコスメ工場として再生。放置された畑などを利用して植物を契約栽培し、地方創生にひと役買っている。肌を保湿し、弾力を高めるバーム。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ