無料の会員登録をすると
お気に入りができます

エッチはしたくない!体の関係を求める男性を傷つけない対処法

ステキな男性だけど誘われると困ってしまう…。そんな体の関係に持ち込みたくないときの、男性への傷つかない断り方をまとめました。

誘われちゃったけどそんな気はない!

仕事関係の人や男友達、合コン相手などに夜のお誘いを受けたこと、ありませんか?自分としてはそんな気分じゃないし、体の関係まで持ちたくないから断りたい!

だけど、ハッキリ言ってしまっては相手も傷つくかも…。こんな場面に出くわしたとき、どうする!?そんなときに役立つ、男性を傷つけない断り方を学びましょう。

男性の誘い、さらりとかわして!

「彼氏がいるから」

シンプルかつ完璧にかわせるのが恋人がいるという理由で断る方法。「彼氏がいる」と言えば、たいていの男性はその女性と関係を持つことを躊躇します。

それでも誘ってくるような男性なら「私、そういうのできないんで」ときっぱりと断っちゃいましょう。こういう男性は体だけの関係を求めてあなたを傷つける可能性が高いので、自分のためにもはっきり断るのがベスト!

ギャグでかわして笑いにシフト

あえて笑いに変えちゃう断り方もあります。「またまた~、今日はダメ!」→「今日以外ならいいのかよ!」。「今は実力が発揮できないかも」→「どんだけスゴイの!?」

なんてこっちからボケて、相手につっこませる。ギャグでかわせば相手も笑っちゃって、誘い自体がスルーされるというわけ。真面目に断ると傷つくので、笑いで曖昧にかわしましょう。

あえて理由を言わない

とりあえず「今日はごめんね」とだけ伝えて、理由は言わない断り方も◎。相手も「なんで?」と聞いてくるかもしれませんが、とにかく「ごめんね…」とだけ言ってそれ以上は何も言いません。

そうすると相手が「生理中だから言いづらいのかな?」「何か嫌な思い出でもあるのかな?」と勝手に理由を想像してくれます。“言えない理由がある”と思えば、相手もそれ以上は誘ってこないでしょう。

直前まで来ちゃったら!?

男性に強引に押し切られてホテルや彼の家にお持ち帰りされちゃった!そんなエッチ直前でも、うまくかわせば断れます。

記事に関するお問い合わせ