無料の会員登録をすると
お気に入りができます

意識するだけでカンタン♡嫌な水回りは「ついで掃除」が時短のコツ

「水回りの掃除って面倒くさいし、なるべくやりたくない…」といって、休日にまとめてする方も多いのでは?せっかくのお休みを充実したものにするためにも、今日から毎日「ついで掃除」してみませんか?

2016年5月
ライフスタイル

水回りの掃除が嫌でしょうがない

水回りはいつも清潔にしていないと不快な場所だからこそ、お掃除はできる限りきちんとやっておきたいもの。 水アカなどがこびりついてしまうとなかなかとれなくなって、余計負担がかかってしまうことも。

貴重な休みなのに、嫌な水回りの掃除で時間をとりたくないですよね。今回は、毎日の生活でできる、簡単な掃除方法を場所別にご紹介します。

「ついで掃除」キッチン編

使った後すぐの掃除がキモ!

汚れがたまりやすいキッチン周りの掃除は、「使った後&すぐに」が重要。コンロにはねたソースなどは時間をおくと固まってしまい、なかなかふき取ることができませんが、直後であれば簡単に落とすことができます。

使った器具を調理過程で洗ってしまう

食べた後の食器ももちろん発生しますが、それまでに使ったものをこの段階で洗ってしまえば、 後片付けは驚くほど楽チンに!調理台やコンロは、基本使った直後なら水拭き程度で十分落ちるので大丈夫。

水拭きで取れないものは、台所用洗剤やスポンジを使って落としましょう。夏場などは、 アルコール除菌剤を振りかけるのもオススメです。

「ついで掃除」お風呂場編

湯船が温かいうちに掃除

バスタブは、温かいうちにスポンジなどでこすれば、洗剤はほとんど必要ありません。 タイルは、お風呂から上がる前に水などをかけておくようにしましょう。カビや人間のアカなどの汚れも防ぐことができます。

乾いたタオルで水気をふき取るとベスト

この後、乾いたタオルなどで水気をふき取るとさらにカビの発生を遅らせられます。また、鏡などは水切り用のワイパーを使って水気を切るようにすると良いでしょう。

記事に関するお問い合わせ