無料の会員登録をすると
お気に入りができます

小麦粉袋にキャップが付くと便利!袋保管に便利なダイソーアイテムがすごい

100yen

小麦粉や砂糖など、袋に入った調味料を使おうと思ったら「湿気が入ってカチカチだった」なんて経験ありませんか?一度カチカチになった調味料を経験すると、保管方法を気にするようになります。でも、湿気が入らないように片付けるのは面倒ですよね。

もし、袋に入った調味料を簡単に保管できて、使うときもサッと取り出せるグッズがあったら……そんなお悩み&願いを叶えるアイテムが、ダイソーにありました。100均達人のたくさくさんに紹介してもらいます。

袋調味料をキャップ付きに!ダイソー「袋キャップ」

ダイソーの「袋キャップ」は、小麦粉・片栗粉・砂糖・塩などの、袋に入った調味料をそのままキャップ付きにする商品です。

袋キャップをパッケージから取り出して分解すると、写真のように4つの部品に分かれます。なんだかちょっと面倒な感じもしますが、パッケージの裏面に書かれている説明に沿って組み立ててみましょう。

1:袋調味料の出口を説明のとおりにハサミで斜めにカット
2:いちばん大きな部品を袋の中に入れて
3:袋の外から、大きな部品を挟み留めします

4:ネジ状のキャップ部品で全体をネジ止めして

5:半透明のキャップをつけて完成です

説明書通りに組み立ててれば、わずか30秒ほどでキャップまでつけることができました。

ダイソー「袋キャップ」を使う5つのメリット

ダイソーの「袋キャップ」を使ってみると、5つのメリットがありました。

■メリット1:片付けがラクチン
まずは、片付けが簡単、ラクチンになりました。今までは、湿気予防のために袋の口を折りたたみ輪ゴムで止めていましたが、袋キャップは、付属のフタをパチンと留めるだけ!袋キャップの1番のメリットです。

■メリット2:湿気が入りにくい
袋の出口がしっかり留められているので、湿気が入りにくい構造になっています。入口から入ってくる、湿気予防対策は万全です。

■メリット3:取出しラクラク
キャップなので取出しも簡単!フタを外せば調味料を出せてラクラクでした。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ