無料の会員登録をすると
お気に入りができます

時間が短くてもOK♡ダイエットに効く20分のお風呂スケジュール

忙しい毎日の中でダイエットに時間を取れないから、お風呂時間をダイエットに変えてみませんか?わずか20分の「高温反復浴」と呼ばれる入浴法をご紹介いたします。

2016年6月
美容

②1分間の半身浴

次に行うのが1分間の半身浴です。シャワーと同じ約42度のお湯を浴槽にためたら、おへそのあたりまでの半身浴を約1分間行ってください。この時のポイントはお湯の量。心臓の位置より下までのお湯で行いましょう。

③肩まで浸かって全身浴(90秒)

半身浴の後は90秒の全身浴。肩までしっかり浸かり、身体全体を温めて血行を促進します。ここではやや長めに90秒行いますが、体の安全のためにも120秒を超える時間は行わないことがポイントです。

④湯船から出て水分補給&髪or体を洗う

全身浴が終わったら、一度浴槽から出て水分補給し体をクールダウンさせましょう。少し休んで心臓の鼓動が落ち着いたらこの時に髪または体を洗います。なおクールダウンは最低でも1分間行ってください。

⑤再度の半身浴(90秒)

クールダウンの後は再び半身浴を行います。ここでは90秒間の半身浴でしっかり汗を出すことがポイントです。1回目の半身浴と比較し、汗の量が大幅に増えたら代謝が上がっている証拠です。

⑥湯船から出て水分補給&髪or体を洗う

2回目の半身浴を終えたら浴槽から出て汗で失った分の水分補給を行いクールダウンしましょう。1回目の休憩同様、鼓動が落ち着いてから髪または体を洗うことを忘れずに。

⑦肩まで浸かって全身浴(90~180秒まで)

2回目のクールダウン後は最後の入浴。肩までしっかりお湯に浸かって全身浴を90~180秒程度行います。なおこの時お湯が冷めていたらしっかり42度程度にまで戻すことがダイエット効率を上げるポイントです。

⑧最後に水を手足に浴びて完了!

記事に関するお問い合わせ