無料の会員登録をすると
お気に入りができます

仲直りの極意♡喧嘩で彼を先に謝らせる“魔法の行動”7つ

どんなに仲の良いカップルでも夫婦でも、必ず喧嘩は起こります。大切なのは、それを絆にすら変えてしまう女性の態度です。 自然と彼を謝らせてしまう魔法の行動さえ知っていれば仲直りがすぐにできちゃいます♡

2016年6月
恋愛・結婚

彼とのケンカ、早く終わらせたい!

彼を謝らせる“魔法の行動”があった!?

どんなに仲が良い夫婦やカップルでもケンカは起きるもの。ケンカ中は関係がきくしゃくして、気まずい雰囲気になりますよね。それが嫌だから早く終わらせたいけど、自分が謝るのもちょっと…。

そんなとき、あなたの態度しだいで彼は反省をして仲直りしようと動いてくれます。そこで、彼に謝りたいと思わせる“魔法の行動”を学びましょう!

1.まずは彼と離れてクールダウン

感情的になってしまうと相手に何を言いたいのか伝わらないし、余計なことまで言って相手を傷つけてしまうこともあります。なので、気持ちを落ち着かせることが第一。

まずは彼と離れて、どうして腹が立ったのか、彼に何を言いたいのかを考えましょう。頭の中がごちゃごちゃしているなら紙に箇条書きにしてみるとうまく整理できます。

買い物、散歩、掃除など別のことをしながら考えるのも冷静になれますよ。彼と仲直りしたいと思うまでは時間と距離を置きましょう。

2.“彼が悪い”理由を冷静に指摘

頭のなかが整理できたら、彼が悪いという“理由”を冷静に伝えましょう。「機嫌が悪いときに命令口調になるのはやめて」「どうでもいい扱いをされているようで嫌なの」というように。

「やめてって言ってるでしょ!」と彼が悪い“事実”だけを伝えられても、男性は理解しません。どうして悪いのか、その“根拠”を伝えることで、彼も自分が悪いと言われていることに納得できるのです。

3.責めるより“感情”を伝えて

“彼が悪い”という理由の伝え方も大切です。ケンカするとついつい相手を責めてしまいがち。それよりは、彼の行動によって自分が傷ついた、悲しかった、寂しかったことを真摯に伝える方が彼の心には響きます。

「あなたが~するのは最低!」と相手を否定するのではなく、「あなたが~したから悲しい」と自分の感じたことを伝えて。彼もあなたを悲しませた罪悪感が芽生えて申し訳ない気持ちになるでしょう。

自分も言いたいことが言ってスッキリするし、彼から謝らせることもできる、賢い伝え方なので覚えておきましょう。

4.反省した態度で彼の心を揺らす

相手に感情をぶつけなくても、ケンカのイライラで物に当たったり、不機嫌な顔をしてしまうこともありますよね。でも、それを見ている彼もイライラしちゃいます。

それよりは反省している態度を見せましょう。いつもより落ち込んだり、涙ぐんだりすれば、彼の方が「言い過ぎたかも」「こちらにも非があったかも」と思って謝ってくれるキッカケになりますよ。

5.ケンカ中でも相手のことをいたわる

たとえケンカをして冷戦状態が続いていても、あなたはいつも通りに過ごしましょう。いつも「おはよう」「おやすみ」メールを送っているなら同じように送ります。

同棲しているならいつも通り彼のために料理を作ったり、選択をしたりと家事をこなしましょう。ここで嫌がらせしてしまっては相手の反感を買うだけ。いつも通りしていれば相手の警戒心もとけます。

さらに、ケンカをしているのに尽くしてくれるあなたの姿に彼も反省し、謝ろうという気持ちになってくれるはずです。

6.笑いを誘って心を開くキッカケを作る

謝るキッカケ作りとして、こちらから笑いを誘うようなアクションをとるのも◎。たとえば「もう許さないからね!」と冗談でいじけたふりをしたり、ちょっかいをかけてスキンシップをとったり…

「そろそろ仲直りしようよ~」と持ちかけたり。謝らなくても「もう許しますよ」という態度を示せば、相手も心を開いてくれますよ。お互いが心を開かないと仲直りはできませんもんね。

7.謝ってくれた彼にはもっと愛を伝えて♡

彼が謝ってくれたら、それをすぐに受け入れて、今まで以上に愛情を注ぎましょう。仲直りできてうれしい気持ちは言葉にも態度にも出して♡

それでもやっぱりケンカは起きます。だけど、そのたびに彼が謝ればこんなにスムーズに仲直りできると思わせましょう。そうすれば、彼もすぐに謝ってくれるようになりますよ。

ケンカさえも絆を深めるキッカケに♡

ケンカしている間は本当に嫌な気持ちになります。しかし、ケンカすることでお互いの本心が見えて、絆を深めることもできるのです。

そのためにはあなたの態度が大切。彼が反省して「謝りたい」と思わせるような魔法の行動をとって、彼との愛情をもっと深めちゃいましょう♡

喧嘩はもうしない!彼とずっとラブラブでいる為の5つのルール

大好きな彼とつい言い合いになってしまう喧嘩はなるべく避けたいもの。ラブラブで円滑な関係を続けていくには、喧嘩すらも良い潤滑油にしてしまう会話術です。幸せなカップルであるために、どんな工夫をしていけばいいのでしょうか?
1124
記事に関するお問い合わせ