無料の会員登録をすると
お気に入りができます

プチ断食とカロリー制限、ダイエットするならどっちが効果的?

美容

プチ断食VS継続的なカロリー制限

ダイエットのためには、食べ過ぎを避けて、腹八分目の生活を続けることが大切です。難しいのは継続することで、せっかくやせたのに、お腹がすいたといってついお菓子などに手が伸びてしまえば、元も子もありません。きっと、こうしたリバウンドに悩む人も少なくないはず。食習慣をいかによい方向に変えていけるかが、ダイエット成功のカギです。

このたびノルウェーの研究グループが、肥満の男女112人を「プチ断食」グループと「継続的にカロリー制限」グループのいずれかにランダムにグループ分けして、ダイエットの効果においてどちらがすぐれているかを調べました。調査開始時と、3か月後にアンケートを行って、食生活の改善にどのような違いがあるかを分析したのです。

カロリー制限の効果がややすぐれる

わかったのは、カロリー制限のほうが、プチ断食よりも、ややすぐれているということです。というのも、カロリー制限のほうが、食習慣の改善につながりやすい面があったから。

2つのダイエット法で変わらなかったのは、体重の減り方のほか、カロリーや主要な栄養素の摂取量。ダイエット効果そのものは2つのグループに差はありませんでした。ですが、詳しく見ると、カロリー制限グループは、プチ断食グループと比べて、果物やベリー類、野菜といった健康的な食材の摂取量が増えたことがわかりました。さらに、食物繊維の摂取量もカロリー制限グループで増加しているという結果。一方、糖分の摂取量は、プチ断食グループの半分になっていました。

プチ断食グループは、カロリー制限グループに比べて、葉酸、カリウム、マグネシウムの摂取量が減少。ビタミンCの摂取量は、カロリー制限グループで増えていました。

研究グループは、カロリー制限グループのほうが、プチ断食グループよりも自発的に食事制限をしていると指摘。今回の研究は肥満の人を対象にしていますが、ダイエット法を考えるときには、こうした研究の結果を参考にしてみてもよいかもしれません。

<参考文献>
Eur J Clin Nutr. 2019 Jul;73(7):1006-1014. doi: 10.1038/s41430-018-0370-0. Epub 2018 Dec 4.

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/30514879
オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ