無料の会員登録をすると
お気に入りができます

一晩で肩こり解消!「タオル枕」でストレートネックを治そう

現代女性に多い首の歪み「ストレートネック」を改善する方法をご紹介します。ストレートネックは肩こりや疲れ、自立神経の乱れの原因になるだけではなく、肌のくすみや顔のむくみにも繋がってしまいます。放っておいてはいけません!ぜひこの解決法を試してみてください。

2016年6月
美容

肩こり・疲れの原因はストレートネック!

その肩こり、疲れ、頭痛、腰の痛みの原因は「ストレートネック」かもしれません!本来ゆるいカーブを描いている首が、真っ直ぐになってしまう状態のことを指します。

スマホやパソコンの使い過ぎによる現代病の一つで、特に筋力の弱い女性がなりやすいそうです。美容にも健康にもよくありません。

不調の元凶に!

頭の重さは体重の約10%だと言われているので、ずれた頭を支えるためにさまざまな部位に負担がかかり痛みが生じるのは当然です!首や肩などの近い部位だけでなく、腰にまで負担が及びます。

自立神経にも悪影響を与えるため、イライラやめまい、眠気、吐き気といった不調にも繋がる恐れがあります。

老け顔の原因にも

さらに、首周りの血流やリンパの流れが悪くなるため、くすみやむくみの原因にもなります。ストレートネックは、老け顔を作ってしまうので放っておくわけにはいきません。

タオル枕がおすすめ!

ストレートネックを治すには整体院などに行くと良いのですが、自宅でも簡単にケアできる方法があります。それが「タオル枕」です!実際に整体の先生もおすすめしているメソッドです。

タオル枕を使って寝ることで、首の骨が後方に引っ張られ自然なカーブ状に少しずつ戻っていきます。胸も開くので、猫背改善にも効果があります。

愛用者は多数!

実際に試した人からは、痛みやだるさがなくなったという声がたくさん集まっています。中には今までよりぐっすり眠れるようになったという人も。早速使い方をチェックしていきましょう!

タオル枕の作り方&使い方

タオル枕の作り方

薄手のバスタオルを用意します。たて半分よこ半分におり、長方形にします。端から硬く巻いていき、丸め終わったら紐やリボンで両端を結べば完成です。

ポイントは、高反発枕にするためにしっかりと硬く巻くこと。反対側から引っ張ってもらいながら巻くとぎゅっと巻けます。

タオル枕の使い方

仰向けに寝て、タオル枕を首の下に置きます。始めはこの姿勢で5分程度寝てみてください。数分だけでも上体全体がのびてスッキリするのが分かります。

慣れてきたらこのまま一晩眠ってみてください。頻度は週に1~2回程度にしましょう。

違和感がある場合は、タオルのサイズを小さくしてみる、使用時間を短くするなどの工夫をしてみて!身体に負担のかからない範囲で行ってくださいね。

不調のないカラダになろう!

疲れがとれない、肩や首が重いという方はスマートネックになっているかもしれません!簡単にできる「タオル枕」で首の歪みを治してあげましょう。顔のむくみもなくなりますよ。

不調をなくして毎日をもっとハッピーに♡

記事に関するお問い合わせ