無料の会員登録をすると
お気に入りができます

頑張るだけじゃダメ!もっと要領良く仕事をするためのヒント8選

一生懸命働いているのに周りからの評価がイマイチ、他の人ほど成果が出せていないと感じていませんか?仕事はただ頑張るだけじゃダメ、要領良くこなすコツを知っておかなければいけないんです。

2016年6月
ライフスタイル

頑張ってるのに上手くいかない…

自分では仕事を頑張ってると思うけど、他の人たちほど結果を出せていないと焦りますよね。仕事はただ頑張って長時間働くだけでなく、要領良くこなさなければいけません。

www.merricksart.com

要領良く仕事をこなすとは、時間と努力は必要最小限なのに結果はしっかり出して周りにも認められるということ。ここでは具体的に、要領良く仕事をするためのコツをまとめてみました。ぜひ参考にしてみてくださいね。

①ToDoリストは前の日に作る

その日にやるべきことをリスト化しておくのは仕事の基本ですが、特に休み明けの朝はぼんやりしてしまいがち。ToDoリストは朝ではなく、終業時に作っておく方が効率的なんです。

仕事が終わった時点で次の予定を立てておけば、緊急の仕事を後回しにしてしまったりといったミスも防げるはず。朝からやるべき作業をしっかりこなし、今日1日を充実したものにしましょう。

②計画はできるだけ細かく立てて

少し時間のかかりそうな作業は「今日中に終わらせる」だけを目標にすると、途中で集中力が途切れてしまうことも。もっと細かい計画を立てて、区切りをつけやすくしておくべきです。

こうすれば途中で上手く休憩できるほか、もしその日に終わらせることができなくても大丈夫。次の日もスムーズに残りの作業に取り掛かることができます。

③朝の儀式でぼんやり時間を減らす!

やるべきことはたくさんあっても、朝は終業間際ほど集中して仕事ができないと感じる人が多いのでは?貴重な朝の時間を無駄にせずできるだけ早く帰るためには、集中するための「儀式」を決めておくと効果的です。

例えば「手を洗ってコーヒーを淹れて、手帳をチェックする」など、毎日同じことを順番通りにしてから仕事を始めましょう。この儀式をしばらく続けていると、自然と仕事に集中できる習慣がつくはずです。

④何でもメモ&文書化しておく

そのときは覚えていられそうだと思えたことでも、トラブル対応などに追われている間に忘れてしまったりするもの。手帳でもスマホのメモ帳でも良いので、必ずどこかに記録することを常に心がけてみてください。

一見誰でもできそうなことですが、これが原因でミスを引き起こすのはよくあること。さらに、要領の良い人なら思い出すことに貴重な勤務時間を費やしたりしないはずですよね。

記事に関するお問い合わせ