無料の会員登録をすると
お気に入りができます

「他人と自分を比べて落ち込みがちな人」が“新しい私”を見つける4つの方法

2019年11月
ライフスタイル

どうせ〇〇だし。が口癖になってませんか?

Photo by Tim Gouw / Unsplash

他人と比較してしまう自分を卒業したいけど、「“どうせ“私なんて」という言葉が邪魔をしてしまう…なんてことありませんか?今回は、そんな自分を少しでも変えるメソッドをご紹介していきます。明日からあなたも変われるはずです!

1. 他人の良いところを見つけて発信してみる

他人と比較してしまう時って、自分のマイナスの部分を取り上げがち。マイナスな所に目がいく習慣がついてしまうと、自分だけでなくだんだん周りを見る目も厳しくなり、他人の悪いところしか見えなくなります。

Rawpixel / Getty Images

そんな時に試してほしいのが、ひたすら褒めること。知り合いだけでなく、芸能人でも構いません。「モデルの〇〇ちゃん、本当に可愛い!」、「〇〇さんって、怖そうだったけどめちゃくちゃ良い人だった!」などです。

他人の良いところを発見するメリット

Thomas Barwick / Getty Images

プラスの発言をしている人の回りには、自然と明るい人が周りに集まって来たり、前向きな情報が集まってきたりします。そうなると、どんどん上昇気流に乗ってきます。負のスパイラルから脱却することができるのです。

2. 何でも抱え込まず人に頼る

抱え込んでしまっている方=周りから頼られている素晴らしい方。ぜひ、自信を持ってください。でも、その頼られる量には限りがあります。どんどん依頼されるとさばききれなくなって、それは自分の実力が足りないからだと思い込んでしまう方も多いのでは?

Photo by Lacie Slezak / Unsplash

自分で抱え込むのではなく、他の人に相談してみるのも良いものです。“自分1人でやらないと、自分の実績じゃなくなってしまう”という固定観念はこの際捨てましょう。

人を頼ることのメリット

Westend61 / Getty Images

他人を頼ることで、新しい解決方法が発見できます。でも、実際はその“後”が大事。コミュニケーションが増えて信頼関係を築くことで、今度は“頼られる”人になり、心から信頼されるでしょう。

3. 毎日のルーティンをちょっと変えてみる

満員電車に揺られ、ちょっと疲れた状態で朝がスタート。毎日同じようなことの繰り返しで、夜になってベッドに入る。そんなルーティンから抜けられない方も多いはず。

Tatiana / Getty Images
記事に関するお問い合わせ