無料の会員登録をすると
お気に入りができます

頑張り過ぎなくても大丈夫♡子育てで大事にしたい7つの習慣

生まれてから自立するまで、1人の子どもを育てることはとても大変なことです。悩むこともあるかもしれませんが、今回はそんな時に参考になる「子育てで大事にしたい7つの習慣」をご紹介します♡

子育て

子育てって大変!

「こうしたいのに…」と思っていても、子どもは思うようには動いてくれません。なかなか上手くいかないのが子育てですよね。

時には自信を失してしまうこともあるかもしれませんが、今回はそんな時に参考になる「子育てで大事にしたい7つの習慣」についてご紹介します♡

1.あいさつをきちんとさせる

コミニュケーションの基盤は、あいさつにあります。円滑な対人関係を築くには、何より最初に気持ちのいいあいさつが出来ることが不可欠です。

朝起きたら「おはよう」、ご飯を食べる時は「いただきます」など…あいさつは相手の目を見てきちんと言う。この習慣が小さな頃から身についている人とそうでない人では、大人になってから大きな差がつきます。

2.社会のルールやマナーを教える

あいさつと同様にバスや電車、大浴場など公共の場で気をつけるマナーやルールを家庭で教えておくのも大切です。

教育の基本は家庭にあります。学校任せにせず、「自分がされて嫌なことは何か?」を元に、年齢に沿った説明をして教えてあげましょう。

3.朝食をちゃんと食べさせる

朝食を毎朝きちんと食べている子の方が、落ち着きがある、学力が向上するなど良い点が多いことはよく知られていると思います。朝は1日の始まりなので、しっかりとエネルギーチャージが必要です!

またパンは食べた後に急激に血糖値が上がりやすく、それが脳に悪影響を与えているのではないかと言われています。朝食は是非ご飯をオススメします!どうしても食べたい場合は全粒粉のものや、米粉パンにすると◎

4.いろんなことに挑戦させてみる

例えば、子どもが水の入ったコップを運んでいる途中にこぼしてしまった時。「もう!」とコップを取り上げて、怒ってしまう事はありませんか?でもこれって、子どもの成長の芽を摘んでいるんです。

記事に関するお問い合わせ