無料の会員登録をすると
お気に入りができます

ぽっちゃりさん必見! 厚着をしても、バストをすっきり見せるコツ

ファッション

膨張見えするNG服を徹底的に避ける

料理で例えるなら、作りたいレシピに対して使う材料が間違っていれば、おのずとでき上がる料理もおいしくなりませんよね。
コーディネートにおいても同じことが言え、使う服選びがそもそも間違っていれば、失敗を避けることができません。

「かわいい!」とときめいても、着太りしたくないのであれば膨張して見える服は徹底的に避けましょう。

「やわらかそう」「白orパステルカラー」は避けるべし!

膨張見え間違いなしの服の特徴その1、それは“やわらかそうな服”です。
例えばフリース。もこもこ、ふわふわした服は、淡い色を選べばたちまち着太りマックスの状態に。濃い色を選んだとしても、着太り自体は避けられません。
エコファーなどファーものも、膨張具合は負けていませんし、編み目の粗いローゲージニットも同様です。

膨張見え間違いなしの服の特徴その2は“膨張色の服”です。
女性人気の高いスノーホワイト、オフホワイトといった白系や、パステルカラーは上記のようなやわらかそうな服と合わせることで、さらに膨張して見えてしまいます。

膨張ディティールを避ける

洋服そのもののディティール、つまりデザイン自体を意識して選ばないと、自ら望んで着太りする服に手を出してしまうことになります。

例えば、リボンやフリルがついていたり、横幅を強調してしまうボーダー柄、ドットのように丸みのある柄は、膨張しやすいので避けましょう。
ワンポイントの飾りは、生地の伸縮で変形すると膨張して見えやすいので注意。試着の際に見え方を確認することをおすすめします。

首は出す

寒くても“首を完全に隠さない”ことが、着太り防止になります。

例えば、鎖骨が見える程度の空きがあるニットを着るようにしたり、タートルニットなど首がやや隠れるアイテムを着るときには、髪の毛はアップスタイルにしましょう。マフラーやストールは、首にぐるぐるときつめに巻くのではなく、首が少し見える程度に巻いてみて。

このように、顔とデコルテの間にあたる首に、余白を少しでも作ることが、すっきり見えにはなくてはならない要素なのです。

バストをすっきり見せる着こなしは、小顔にも見えます。
これらのポイントをこの冬の着こなしの参考にしてくださいね。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ