無料の会員登録をすると
お気に入りができます

30歳から覚えたい♡大人に必須の「高見えアイテムの選び方&着こなし」

2019年11月
ファッション

高見えアイテムの選び方が知りたい!

プチプラを最大限に活用する♡

おしゃれな人が愛用する、人気のプチプラブランド。同じショップで買っているはずなのに、イマイチおしゃれに見えない...そんな風に悩む女性もいるのではないでしょうか。

wear.jp

違いは、自分がどんなアイテムを買えばいいかを知っているかどうか。「高く見える」プチプライスの服は、選び方に大切なコツがあるんです。今回は、高見えアイテムを見抜く秘訣を徹底解説いたします!

保存版♡“高見えアイテム”の選び方!

①サイズ重視!試着はマスト

それぞれのブランドでは、同じMサイズでも微妙に大きさが違うことも。パッと見たシルエットで良く見えても、着たらイメージが違うということは多々あります。

Photo by Heather Ford / Unsplash

高見えするデザインだとしても試着なしはNG。洋服は「着たとき」の印象が最大のポイントです。気になるアイテムを見つけたら、試着室にサイズ違いや色違いで持ち込むのがオススメです。肩のライン・フィット感など、全体を鏡でチェックして。

②レース・ビジュー・花柄などに注意!

レースやビジュー、花柄など、質の良さで差がつくディテールには要注意です。凝った装飾は、プチプラだとチープに見える可能性大。

Jaengpeng / Getty Images

ハイクオリティなレースを着た友達と並んで、残念な思いをするのは嫌ですよね。絶対にダメとはいいませんが、買う場合は隅々までチェックして、作りを確認しましょう!

③アクリル100%ニットは卒業

デザイン重視で売れているアクリルニットもありますが、100%化学繊維だと垢抜けない印象に。

pixabay.com

ある程度の年齢になったら、化学繊維を使っていても、ウールなど天然の生地が混ざっているアイテムを探すようにしましょう。

④中途半端なトレンド服はNG

ボリュームスリーブ・フリル・刺繍など、その年のトレンドになっているディテールを中途半端に取り入れた服は安見えします。隅のほうに小さく刺繍があるものや、膨らみの足りないボリュームスリーブには要注意。

記事に関するお問い合わせ