無料の会員登録をすると
お気に入りができます

スタイルアップも叶う♡覚えておきたい「パンツ×ショートブーツ」の正解コーデ

2019年11月
ファッション

パンツ×ショートブーツ、どう着こなす?

秋冬は、パンツにショートブーツを合わせる着こなしが増えますよね。しかしショートブーツとパンツの組み合わせは、裾をどうするかなど、着こなしのバランスが意外と難しいもの。

wear.jp

パンツとショートブーツをおしゃれにスタイルよく見せるには、アイテムの選び方や着こなし方が大切です。そこで今回は、パンツ×ショートブーツの正解コーデをピックアップ。ぜひ参考にしてみてくださいね。

パンツ×ショートブーツの正解コーデ8連発

①かぶらない絶妙な丈感がオシャレ

wear.jp

秋冬の定番、黒スキニー×ショートブーツの組み合わせ。バランスよく着こなすなら、丈感が大切です。

ブーツにスキニーの裾がかぶらない丈感で着こなせば、足元がもたつかずスッキリとした印象に。少しだけ素肌を見せれば、さらに抜け感も高まります。

②デニムからは爪先を覗かせて

wear.jp

デニムにショートブーツを合わせるなら、裾をブーツにかぶせ、爪先部分を少しだけ覗かせるバランスが◎。カチッとした印象の黒ブーツが、カジュアルなデニムを品よく引き締め、大人度もぐんとアップします。

③黒スキニーはブーツにインでスッキリ見せ

wear.jp

ハイアンクル丈のショートブーツには、スキニーの裾をインして着こなして。黒で統一すれば、下半身がすっきり見え、スタイルアップも叶います。ゆる×ピタな着こなしにこそ、好バランスな足元コーデです。

④ゆるパンツはブーツに裾をかぶせて

wear.jp

ゆるめのパンツは、ショートブーツに裾をかぶせて着こなすのが正解。長すぎない丈感を選び、ショートブーツをしっかり見せるのがポイントです。足元までつながりが出て、脚長効果も抜群です。

⑤アンクルブーツ×クロップドパンツで抜け感アップ

wear.jp
記事に関するお問い合わせ