無料の会員登録をすると
お気に入りができます

〈NIPPONIA 小菅 源流の村〉スタッフは全員村人!山梨に村全体でもてなす古民家ホテルがオープン

旅行・おでかけ

山梨県小菅村に〈NIPPONIA 小菅 源流の村「OHYA棟」〉がオープンしました。これは「700人の村が一つのホテルに」をコンセプトに、地域全体をひとつの宿に見立てた“分散型”古民家ホテル。宿泊客に近隣の食堂やお店、温泉施設などを利用してもらい、村全体でお客さんをもてなすという、新しい事業モデルです。

ホテルマネージャーの谷口峻哉さん、ひとみさん。

80平米のスイートルーム「OHYA1」(ガーデンビュー・スイート)。屋根裏を改装した広いロフトは、重厚な梁が間近で見られる非日常空間。

スタッフは、すべて村の人たち。ただ寝泊まりするだけではなく、スタッフとともに周辺の自然を散策したり、自転車で村を巡ったりと、さまざまな体験が用意されています。

分散型とは、地域内に客室を分散させるホテルの形態なのだそう。2015年10月、兵庫県篠山市にオープンした〈篠山城下町ホテルNIPPONIA〉が先駆けとなり、全国に広がりつつあります。

この度オープンした「OHYA棟」は、村の名士の邸宅「細川邸」を活用した宿。

裏庭に面した明るくモダンな空間「OHYA2」(クリエイターズ・ツイン)。土間を利用したダイニングスペースや窓に面した書斎も。

土蔵を改装した離れの部屋「OHYA4」(離れ・土蔵ツイン)。重厚な蔵のつくりを最大限に利用したユニークな浴室や、秘密基地のような畳の間などがあります。

入り口の長屋門はレストランとして再生。小菅村の食材をふんだんに使った料理を楽しめます。

伝統的な長屋門をくぐると、かつて養蚕を営んだ主屋と清流をたたえる庭が見えます。建物のなかには、黒く煤けた大黒柱と太い梁に支えられた空間が。築150年を超える邸宅の迫力に圧倒されます。

この家の先代は教師だったそうで、昔は村の人たちが柔道や習字を教わったり、村に1台しかないテレビを見に来たりしていたそう。

ところがここ数年は空き家になっていたため、「小菅村のみんなに愛され、思い出のつまった家を後世に残したい」と、民家再生プロジェクトがスタート。3年の準備期間を経て、ホテルとレストランとしてオープンしました。

ホテルマネージャーは、この事業のために移住してきた谷口峻哉さん、ひとみさん夫妻です。

村の人と散歩道づくりに取り組む谷口峻哉さん、ひとみさん。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ