無料の会員登録をすると
お気に入りができます

ダイエットや美容の味方♡「緑茶」を使ったアレンジティーを楽しもう

最近、海外でもブームになっている「緑茶」。日本人には馴染みのある飲み物ですが、実はスパイスなどをちょっと足すだけでさらに美味しくなる魔法のドリンクに変身するのです。今回は、女性にうれしい効果満載の緑茶を使ったアレンジレシピをご紹介します。

2016年6月
レシピ

緑茶は日本人にとって欠かせない

最近、お茶に関するさまざまな研究が進んで、その効能についても新しい発表のニュースを目にする機会が増えましたよね。ガンの発生を抑制するカテキンや、美容成分としても名高いビタミンCが豊富などでも有名。

健康や美容にも良く、しかも低カロリーの飲み物として昔から今に至るまで深く愛され続けている「緑茶」。茶葉の選び方・淹れ方次第で効果がUPすることも!まずは、緑茶の美容健康効果をおさらいしてみましょう。

緑茶の効果とは

脂肪燃焼が期待できる

緑茶に多く含まれているカテキンやカフェインという成分は脂質等を体の外に排出すると共に、脂肪を燃焼させやすくする効果があります。

また摂取した脂肪を分解させやすくする効果もありますので、緑茶ダイエットを行う事で脂肪の分解と燃焼を同時に行う事が出来るのです!
dietbook.biz

食事の際に緑茶を飲むと、食事で摂取した脂肪分を少なくする効果も。特に、運動前に緑茶を飲む事によって脂肪を燃焼させやすくする効果があるのでオススメですよ。

美白効果もアリ

美白の敵であるシミやくすみの原因は、お肌で生成されたメラニン色素。カテキンの抗酸化作用には、活性酸素の発生を抑える働きがあって、メラニンの元を抑える働きをしてくれます。

緑茶に豊富に含まれるビタミンCには、チロシナーゼの働きを抑えるほか、メラニン色素を薄くする効果があるのです。
slism.net

つまり、それらによってメラニン色素ができにくくなることから、美白に効果があると言われています。

デトックスにも最適

デトックスに効果があるのが、緑茶の苦み成分の茶カテキン。カテキンには、まさに細菌が出す毒に対する解毒作用があります。

コレラ毒素や腸管出血性大腸菌O157のベロ毒素などを解毒することから、食後に緑茶を飲むと食中毒を防ぐことができるのだそう。また、風邪やインフルエンザにもかかりにくいと言われています。

記事に関するお問い合わせ