無料の会員登録をすると
お気に入りができます

東京の「〇〇×カフェ」がおしゃれで可愛い!世界観が話題のコンセプトカフェ3軒

グルメ

1.スイーツをモチーフにしたアクセサリーブランドの世界観を体感できるカフェ〈Q-pot CAFE.〉/表参道

今日は、スイーツをモチーフにしたアクセサリーブランド〈Q-pot.(キューポット)〉の世界観を体感できるカフェへやってきました。玄関にはお店のシンボル・“スイーツの母=乳牛”!

「お気に入りのアクセサリーみたいなスイーツが食べたい」というファンの声から誕生したカフェのメニューは、全てブランド〈Q-pot.〉のアクセサリーをモチーフに誕生表現したもの。シーズン毎にアクセサリーとおそろいのスイーツが楽しめちゃいます。

こちらはネックレスプレート。エレガントなドレスの胸元を彩るのはカラフルなマカロン。パールに見立てたホイップクリームのチェーンやブレスレットまで可愛い!

可愛くって食べるのがもったいない♪甘〜い世界にどっぷりと浸って、しばし日常を忘れられる時間でした。

〈Q-pot CAFE. 表参道本店〉
■渋谷区神宮前3-4-8
■03-6447-1218
■11:00~20:00 年末年始休み

(text:Alice Saito, photo:Haru Wagnus)

2.徹底された世界観に引き込まれる、ポップで愛らしいお店〈Tapista.〉/代官山

2019年春にオープンした、代官山フラッグシップ店。駅から歩いて数分の立地ながら、非日常な雰囲気を感じる店舗です。

店舗のデザイン等を監修した、クリエイティブディレクターの辻 愛沙子さんは、「“映画のワンシーンのようにポップで愛らしい、フレンチダイナー”をテーマに、フランスのお店が持つ華奢な雰囲気を取り入れました。商品が出てくるまでの待ち時間にはアニメーションを楽しんだり、購入後はフォトスポットで写真撮影をしたり…これまでになかったタピオカ体験をしていただきたいですね」と、笑顔で語ってくれました。

辻さんこだわりのアニメーション。徹底された世界観に引き込まれます。

店内では「タピオカファクトリー」をイメージしたアニメーションが流れており、透明なタピオカがいくつかの工程を経て、ドリンク内に入っているタピオカに変身!ディスプレイの向こうにタピオカ工場が広がっているかのようなワクワクを感じながら、待ち時間を過ごせます。

〈Tapista〉には、紅茶鑑定士監修のプレミアム茶葉・黒糖をつけこんだ生タピオカ・抹茶ドリンクには宇治一番茶を使用など、さまざまなこだわりがあるとのこと。また、甘さや氷の量も自分好みにアレンジできます。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ