無料の会員登録をすると
お気に入りができます

死ぬまでラブラブでいましょう?♡仲良しカップルに共通する6つのこと

付き合いが長くなっても、付き合い始めのような仲の良さを保っているカップルたち。そんなラブラブな仲良しカップルに共通する特徴をご紹介します。

2016年6月
恋愛・結婚

何年たってもラブラブなんです♡

付き合い始めはラブラブなカップルでも、付き合いが長くなるとちょっと落ち着いてきてしまうのが大人の恋愛です。でも、中には何年たってもずっとラブラブなカップルもいるのです。

月日が流れても、いつまでもラブラブなんて憧れますよね。そんな素敵な仲良しカップルに共通する特徴を6つご紹介します。

仲良しカップルに共通すること

1.お互いの悪口を言わない

いつまでも仲良くいるためには、お互いの悪口を言わないのが鉄則です。嫌なところがあるからってすぐに悪口を言い合ってしまうと、いつも喧嘩ばかりしてしまいます。

彼と長く一緒にいたいなら、感情的にならずに冷静になることが大切です。相手の事を1番に考えられる習慣がつくと、自然と悪口を口にしなくなりますよ。

2.問題はすぐに話し合って解決

何か問題があった時にはすぐに話し合って解決することが大切です。仲の良いカップルは、お互いの意見をきちんと聞く習慣があり、問題は一緒に解決するのです。

喧嘩など2人のトラブルはもちろん、お互い仕事や友人関係の悩みなど、何でも話し合うことで、お互いの信頼関係が築けます。早めに話し合うことで、のちのトラブルも回避できますよ。

3.対等な関係を保っている

お互い気持ちよく一緒にいるためには、対等な関係でいることが大切になります。どちらかが一方的な力を発していて、もう一方が弱い立場でいると、弱い立場の者が不満を抱えてしまいます。

強弱のない関係を保つことで、お互いを尊重し合えます。最近の夫婦は共働きが増えているので、そのような時代の流れからも、男女対等な関係を望む方が多いのかもしれません。

4.価値観が似ている

未婚のお付き合い中のカップルだと、そこまで価値観が一致しなくてもうまくやり抜けることもあります。しかし、長く付き合うこと=結婚を意識すると、価値観の一致は必須条件になります。

特に、お金の使い方の考え方は同じであるべきだと思います。何にいくら使うかなど、長く一緒にいる上ではとても大切なことです。価値観が似ているカップルは、自然と長い付き合いになるのかもしれません。

5.過度な束縛をしない

長い付き合いを続けているカップルは、お互い過度な束縛をしません。束縛どころか、あまり相手を干渉していないカップルが多いようです。お互いがお互いを信じることが大切です。

あれはダメ、これもダメなど束縛をしてしまうと、相手は不快感が募り、ダメと言われていることをやってしまいたくなります。干渉されずに自由でいる方が、相手のことを考えられる理性が保てるのかもしれません。

6.愛情をきちんと表現している

付き合いが長くなっても、愛情をきちんと表現し合うことが大切です。他の人から見て、見るからにラブラブなカップルでなくても、密かに愛を育んで長く続いているカップルが多いのです。

愛情表現と言っても、「大好き」ということだけを伝えるのが全てではありません。常に「ありがとう」という気持ちを持っていることが、相手への1番の愛情表現と言えるでしょう。

結婚までの道のりも早いかも♡

何年たっても仲良しでラブラブのカップルは、そうでないカップルに比べて結婚までの道のりが早いかもしれません。お互いずっと一緒にいても飽きないので、自然と結婚を意識するようになるのでしょう。

素敵な彼といつまでも仲の良い関係を保ち、結婚というゴールインを目指したいですよね♡

記事に関するお問い合わせ