無料の会員登録をすると
お気に入りができます

カサカサ肌がツラい人必見! 足からはじめる乾燥対策で全身しっとり肌になる方法

ビューティ

肌の調子を狂わせる急な季節変化に要注意

一段と冷え込みが進み、朝の気温は1ケタ台の予報がされるようになりましたね。富士山や山間部の冠雪のニュースもよく聞かれます。ついこの間まで夏のような暑さだったのに、急に寒暖差が激しくなり体調を崩しやすくなっている人も多いことでしょう。

そしてこの時期ツラいのは、どんどんひどくなる肌の乾燥ではないでしょうか? 本格的な寒さとともに、空気の乾燥も一気に進んでいきます。夏場には90 %を超える日もあった湿度が30%以下にまで下がってくるのです。外気に直接さらされる肌はカサカサ・ヒリヒリと感じることも多くなりますね。

本来、日本の四季はゆるやかに変化し、体や肌は時間をかけながら次の季節に順応していくものでしたが、近年は四季の移り変わりが急激になりその変化のスピードに対応できていないようです。肌は乾燥から肌を守る機能の調節ができず、ダメージが進むとかゆみが生じてしまう場合もあります。一度かゆみが出ると全身に広がってしまう可能性がありますので、早めに乾燥対策をしてあげたいですね。

化粧品やボディクリームなどの保湿アイテムを使って、うるおいを補ってあげることも大切ですが、自分自身の肌そのものを丈夫に保ち、内側からうるおいあふれる体作りをしていきませんか?

肌が乾燥しているときの足相チェックポイント

足裏にある足相は、現在の体や心の状態までを教えてくれる重要な手がかりです。乾燥のサインが出ていないか、自分の足でチェックしてみてくださいね!

【かかとの内側をこすると垢のようなものが出てくる】

お風呂に入ったときなどに、かかとの内側(内くるぶしの下)をこすってみましょう。体は洗って清潔にしているのに、垢のようなものが出てくることはありませんか? これは、肌の生まれ変わりのサイクルであるターンオーバーの働きが滞っていることを表し、肌の乾燥が進んでいるサインです。

【足裏が乾燥してシワシワになっている】

体の末端である足裏は、特にうるおい不足になりやすい部分です。肌の乾燥が気になるときは、足裏も乾燥してシワシワの状態になっています。特にかかと周辺と消化器の反射区がある土踏まずにかけての乾燥が目立ちやすくなります。

足から肌を丈夫にするテクニック

体温調節がうまくいかず血行不良になると、肌のうるおいのもとになる栄養が行き渡らなくなり乾燥が進みます。肌を丈夫にするためには、足をしっかり刺激して、全身の血行をよくしてあげましょう。

(1)足の親指と小指をもむ

まずは足の親指をしっかりともみましょう。手のひらで包み込むようにして親指全体をもみます。親指が温まると全身の血行もよくなります。

次に小指をもみましょう。小指は腎臓の経絡と関わる部分なので、ここを刺激すると体の余分な水分が排出され冷えを防ぎます。仕上げに足指全体をもみほぐせば、全身がぽかぽかと温まるのが感じられると思います。

(2)ふくらはぎの真ん中をさすりあげる

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ