無料の会員登録をすると
お気に入りができます

ハズさないおしゃれ中華料理レストラン3軒。[丸の内・銀座]名店出身シェフが腕を振るう!

グルメ

1.〈TexturA〉/丸の内

築地の四川料理店〈東京チャイニーズ一凛〉や鎌倉〈イチリンハナレ〉を手がけてきた齋藤宏文シェフによる新店。香りと油の相性を大事にするスペイン料理と四川料理の共通点に着目し、両方を楽しめる店をオープンさせた。

四川唐辛子と揚げた高坂地鶏、山椒を炒めた「辣子鶏」1,500円。こちらはコース 5,000円の一品として提供されることもある。

イベリコハムトマトパン 2,000円。

とはいってもフュージョンの形ではなく、それぞれを独立して味わえる仕組み。コースならスペイン料理と四川料理が交互に供されるのだ。「ダイバーシティが一つのコンセプトで、コースでもシェアして食べる大皿や一人用ポーションを織り交ぜます」と齋藤シェフ。リズミカルな展開にテンションアップ!

紹興酒多数。シェリー酒との飲み比べ 1,800円もおすすめ。

〈TexturA〉
予約制コース用のゾーンとアラカルト利用のゾーンに分かれる。
■有楽町電気ビル1F
■03-6259-1144
■11:00~22:30LO(アラカルト17:00~、コース18:00~20:30LO ) 無休
■73席/禁煙

(Hanako1177号掲載/photo : MEGUMI (P.90, 92, 94), Chihiro Oshima (P.96~97, 100) illustration : Mariko Fukuoka text : Kahoko Nishimura, Ami Hanashima, Yuya Uemura)

2.〈SO TIRED〉/丸の内

〈神楽坂 龍公亭〉の飯田竜一氏監修の中華ダイナー。店舗プロデュースは山本宇一氏。大人の社交場として夜遅くまで使える。

豚トロ肉の黒酢豚 1,500円。豚肉はその時の状態、脂の甘味などをチェックしながら使うほど、手間をかけて作られた料理だ。

〈SO TIRED〉
■新丸ビル7F
■03-5220-1358
■11:00~2:00(ランチ15:00LO・土日祝16:00LO、平日のティータイム16:00LO、フード1:00LO、ドリンク1:30LO)、日祝11:00~23:00 無休
■108席(テラス席あり)/禁煙

(Hanako1177号掲載/photo : MEGUMI (P.90, 92, 94), Chihiro Oshima (P.96~97, 100) illustration : Mariko Fukuoka text : Kahoko Nishimura, Ami Hanashima, Yuya Uemura)

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ