無料の会員登録をすると
お気に入りができます

彼の気持ちが読めちゃう!“目だけ”で分かる心理テクニック

目が合う・逸らす、その仕草一つで心理状態は異なります。目線一つで相手の気持ちを読むことができれば、コミュニケーションはグンとスムーズになるはず。恋愛でも相手がどう思っているのかな?と探ることができちゃいます。その心理テクニックをご紹介します!

恋愛・結婚

“目だけ”で分かる彼の気持ち

目は口ほどに物を言う。そのことわざ通り、目だけで彼の気持ちを読むことは可能です。目が合う、逸らすにしても単ではなく、その種類によって心打ちも異なります。

目の仕草だけで相手の考えていることを読み解く。悪用厳禁な心理テクニックをご紹介します。

好意のサイン

じっと3秒見つめられる=好意を寄せている

目が合った時に3秒見つめられる。相手は好意を抱いている可能性が高いです。1秒では短く5秒では長すぎる、照れくさいながらも見つめていたいギリギリの時間が3秒なんです。

斜め下=恥じらい

好きな気持ちを隠したい時は、右斜め下に目線をそらせます(あなたから見て左斜め下)。右下は身体感覚のイメージを想起している表れ。好意を隠そうと、身体感覚へ逃げたいことが関係しています。

人が好意で「目をそらす」時には、右ななめ下を向きます。
mirai.kigen.biz

目がよく合う=あなたに夢中

人は無意識に好きな物を目で追う癖があります。狩猟本能が強い男性ならなおさら。目がよく合うことは少なからず、あなたへの興味が大きい証拠です。

無関心のサイン

真横にそらす=興味ない

目線、顔を真横にそらすのは拒否のサイン。興味ない時、恋愛対象外と感じている時も同様で横にそらします。初対面の時にチェックしたいポイントです。

真上にそらす=別のことを考えている

よく上の空と言いますが、その理由は真上に視線をそらしている時は別のことを考えているから。頭の中を整理する時、多くの人が視線を上にして考えるはず。会話中、頻繁に表れる場合は、まさしく上の空。

記事に関するお問い合わせ