無料の会員登録をすると
お気に入りができます

寝る瞬間までにニヤけちゃう…♡男が喜ぶ「おやすみLINE」4選

恋愛・結婚

彼と毎日LINEするという女性は多いです。
そんな方は夜にはおやすみと送ることも多いでしょう。

何気なく送っているお休みLINEですが、男性が喜ぶような工夫ができることをご存知でしょうか。

今回は、男性が喜ぶおやすみLINEを4つご紹介します。

(1)楽しかった気持ちを伝えるおやすみLINE

『楽しかったよって言われるといい1日だったって満足しますね』(27歳/広告)

「今日も楽しかったよ」といった一言を加えるおやすみLINEですね。
こうすることで今日も彼と話して楽しめたということを伝えることができます。

彼は彼女を楽しませることができたとわかるので、満足して寝ることができるでしょう。
明日も楽しませようと自然と思ってくれます。

(2)好きだよと言うおやすみLINE

『寝る前に彼女に好きだよって言われたら、幸せな気持ちになれますね』(29歳/営業)

男性は彼女に好きと言われたいものです。
寝る前に彼女に好きと言われたら、その嬉しさの余韻に浸りながら眠ることができます。

普段はあまり好きと言えない人も、おやすみのときを狙ってLINEしてみてはいかがでしょうか。

(3)早く会いたいことを伝えるおやすみLINE

『早く会いたいななんて言ってくる彼女が可愛くていい夢見れそう』(27歳/商社)

「早く会いたいね」「次のデートの日が遠く感じる」などと言って、彼と早く会いたいことを伝えるおやすみLINEです。

本当に彼のことが好きなんだなということが伝わりますし、次のデートのことを考えて彼はいい気分になるでしょう。
やはり先のことを想像させる言葉は効果的なんです。

(4)時間が経つのが早いと惜しむおやすみLINE

『もっとやり取りしたかったって気持ちが伝わってきて、嬉しくなります』(26歳/サービス)

そろそろ寝なきゃと言いつつ、時間が経つのが早いと惜しむおやすみLINEです。

彼とまだやり取りしたかったということが伝わるので、彼は嬉しい気持ちになります。
「もっと話したかった、明日も話そうね」などと送れば、彼はすごく喜んでくれますよ。

おやすみLINEにもパターンがあり、何か一つ付け加えることで彼をニヤけさせることができます。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ