無料の会員登録をすると
お気に入りができます

連絡しちゃった。「寂しい」に負けそうな時にするべき8つのこと

良くないとはわかっていても元カレや体だけの関係の人に連絡をとってしまう時ってありますよね。そんな割り切れない関係にいる人に連絡をとってしまいそうなときに「待った」をかける方法を学びましょう!

2016年6月
恋愛・結婚

また“あの人”に連絡しちゃった…

寂しさから逃れられないあなたへ

なんだか寂しい気持ちになって誰か一緒にいてほしい。そんなとき、元カレや体だけの関係の男性とついつい連絡をとってしまう人はいませんか?

ダメだとわかっているけれど割り切れない関係の人に依存してしまう…。そんな寂しい気持ちに負けてしまいそうなときに、自分にストップをかける方法を学びましょう。

まずは行動から!

1.恋愛とは関係ないことに没頭する

寂しさを感じたら何かに没頭しましょう。仕事に集中する、映画を見る、本を読む、ジムでトレーニングする、料理する…などなど。このとき大切なのは“恋愛とは関係ないこと”に没頭するということ。

恋愛映画を見たり、思い出の写真を整理してたら、寂しさが募って男性に頼ってしまいたくなるもの。恋愛以外の何かに没頭すれば自分にとって大切なものができて、割り切れない関係の人のことは忘れてしまいますよ。

2.お酒は控えて早く寝る

割り切れない関係の人に連絡してしまうタイミングって、酔っ払っていたり夜だったりしませんか?酔うと孤独を感じたり、夜はいろいろ考えて不安になったり、寂しくなりやすい状況なのです。

www.potins.net

連絡を取るタイミングがわかりやすい人はそれを避けましょう。お酒は酔わない程度に控える!夜は早めに寝ちゃう!寂しいと思う瞬間を作らなければ、無駄な連絡をすることもありませんよ。

3.思い切って違う人に連絡する

元カレや体だけの関係の人は自分の寂しさを変えてくれる存在にはなり得ません。だから、いつまでたっても寂しい気持ちは変わらないのです。それならもっと自分を大切にしてくれる人と連絡を取りましょう。

Pin it
ピンもと: upsocl.com
28
165

女友達になら「元カレに連絡しそうで嫌!」と相談しちゃうの◎。話を聞いてくれれば寂しい気持ちも和らぎます。あるいは別の男性に連絡をすれば、また新しい恋が見つかるかもしれませんよ。

相手目線で自分を見直して

4.“都合のいい女”だと自覚する

付き合ってもいないのに連絡をして関係を重ねてしまう…。自分は寂しい気持ちを埋めたいけれど、相手は性欲を埋めたいだけかもしれません。つまり、相手にとっては“都合のいい女”なのです。

「何もしなくても連絡してくるなんてラッキー!」と女として軽んじられてると考えれば、もう連絡を取るのをやめようと思えるはずです。

5.相手に連絡していい状況なのか考える

相手にもう新しい彼女がいたり、本命の恋人がいる場合、自分が連絡することでその人たちを傷つけてしまいますよね。相手にとっても迷惑だし、自分が同じ立場で元カノが連絡してきたら嫌でしょう。

Pin it
ピンもと: downgraf.com
1
235

寂しいと自分の気持ちを優先したくなりますが、一度冷静になって相手の立場から考えてみれば、連絡する気も起きないはずです。

もう一回、冷静に考えてみて!

6.相手の嫌なところをちゃんと整理する

“元”カレとは何かトラブルがあったり相手の嫌な部分があったからこそ別れますよね。“体だけ”の関係の人は、恋愛関係にはなり得ない理由があるものです。

連絡を取ろうとするとき、そんな嫌な部分から目をそらしていませんか?ちゃんと相手の嫌なところを思い出せば、連絡を取ろうとは思えないはず。嫌だったことを紙に書き出してみると、より嫌な気持ちを実感できます。

7.その未来を考えてみる

割り切れない関係の人とは、この先良い関係になる可能性は少ないですよね。一度別れたり、付き合ってない関係がだらだら続いているのですから。

その人とつながっていることで、新しい恋も遠のいてしまいます。幸せになれない未来なら、続けていても意味はありませんよ。

それでも寂しいときの最終手段!

8.連絡先を消去する

こうやって行動や考え方を変えてみても、一時的なものでまたすぐに連絡してしまうことがあります。それなら、こちらからはアクションをかけられないように連絡先を消してしまいましょう。

物理的に関係性を切ってしまえば、あなたにとってプラスになる新しい関係が自然と生まれるものです。

あなたのためにも“連絡しない”選択を。

寂しい気持ちから昔の恋人や疑似恋愛の相手に頼りたくなる気持ちはわかります。しかし、それを続けてもあなたは幸せになれません。

自分自身が幸せになるためにも、“連絡しない”選択をして、一歩前へ進みましょう!

記事に関するお問い合わせ