無料の会員登録をすると
お気に入りができます

秋・冬に注意!猫のために飼い主さんが気にかけたい3つのこと

ペット

だんだんと寒くなってくるこの季節、猫の飼い主さんは少し気をつけてほしいことがあります。

今回は、秋・冬の季節に猫に気にかけてあげたい3つのことについて、ねこのきもち獣医師相談室の先生が解説。病気や事故など注意したいことがあるようです。

①猫風邪

www.gettyimages.co.jp

まず気をつけたいのが、猫風邪です。猫風邪の原因であるウイルスや細菌は、湿度や温度が低くなると活発になります。また、寒さで体が冷えると免疫力が低下するので感染しやすくなりますし、すでにウイルスや細菌が潜伏している場合には、活発に増殖して再発しやすくなります。

飼い主さんができること

猫風邪は、定期的なワクチン接種で予防や軽症化することが可能です。また、時間や場所によって室温に差があると、猫風邪を悪化させる原因に。エアコンで24~26℃を目安に一定にしましょう。

ほかにも、栄養価の高い食事を与えることも免疫力を高めることに効果的です。

②肥満

www.gettyimages.co.jp

猫は冬の時期、外の寒さから体を守るために脂肪を蓄えやすくなります。また、秋頃から夏毛が抜け、密な冬毛へと生え変わります。このような猫の冬支度のために、ほかの時期よりも猫は太って見えると思います。

ただし、消費カロリーよりも摂取カロリーのほうが多い状態であれば猫は太り、体に必要以上に脂肪が溜まると肥満になってしまいます。寒いのが苦手な猫は動くのが面倒になり、運動不足になるので、猫は肥満になってしまいがちに。

肥満はさまざまな疾患の原因に!

肥満になると、心臓病や関節疾患、糖尿病、尿石症などのさまざまな疾患を引き起こす恐れがあるので、注意が必要です。

飼い主さんができること

猫の運動量を増やすことは非常に困難です。愛猫を太らせないためには……

③脱走

www.gettyimages.co.jp

秋冬に限らずですが、冬に起こりやすい事故として脱走があります。たとえ飼い猫であっても、家から脱走したがる猫はいるのです。

脱走の理由としては性衝動によるものや、窓が開いていたなどのアクシデントによるもの、もともと外で暮らしていた猫が縄張りを確認しに行きたくなったなどが考えられるでしょう。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ