無料の会員登録をすると
お気に入りができます

横浜の港を眺めながら味わうチョコレートパフェ「バニラビーンズ ザ ロースタリー」

グルメ

カカオのローストから自家焙煎で行い、オリジナルのチョコレートづくりを続けている横浜発のチョコレートブランド「バニラビーンズ」。みなとみらいの埠頭に2019年10月にオープンした直営店は、デザートのみならずランチもゆっくり楽しめるカフェを併設。オーダーメイドでタブレットチョコレートが作れるなど、スイーツ好きに気になる話題が詰まった店舗になっています。

横浜発ショコラトリー「バニラビーンズ ザ ロースタリー」

カフェの席数は70席。奥には横浜の港が見える席もある

みなとみらいに本店を構えるチョコレートショップ「バニラビーンズ」の、4店舗目となる「VANILLABEANS THE ROASTERY(バニラビーンズ ザ ロースタリー)」がオープンしたのは、同じエリア内にある新施設「横浜ハンマーヘッド」の2階です。

新店には、カカオ豆の焙煎をメインに手掛けるロースタリーを併設。店内は広く、窓に面したカウンターや広いテーブルのあるカフェスペース、チョコレートやオリジナルグッズが並ぶショップもあります。

チョコレートやさまざまなグッズが並ぶショップ

「ローストカカオ」(ガーナ/インドネシア 600円/税別)

ショップスペースには、「ショーコラ」や「パリトロ」などお店を代表するチョコレートやオリジナルのマグカップなどのグッズが並びます。

カカオのロースタリーならではのオリジナルフード「ローストカカオ」は、 その名の通りローストしたカカオそのもの。表皮を除いてから食べると、チョコレートの原料、カカオ豆のしっかりとした苦みと酸味、香ばしさが楽しめます。少しずつシリアルやアイスに混ぜたりしていただきましょう。

店舗限定トーストが登場。ランチからカフェまで楽しめます

「バニラビーンズ・トースト」(880円/税別)は、11:00〜14:00のランチタイム限定

ロースタリーでは、バニラビーンズらしさに加え、地元の素材をふんだんに使ったり、他店とのコラボレーションから生まれたメニューが登場しています。

「バニラビーンズ・トースト」は、門前仲町に本店を構える人気ベーカリー「トリュフベーカリー」の食パンを使ったトースト。チョコレートスプレッドや神奈川県産のフルーツのジャム、ナッツなど、添えられた5種の瓶から好きなように組み合わせていただけます。
トーストを楽しんだら、ぜひ無料でオーダーできるホットミルクをもってきてもらいましょう。チョコスプレッドを自分で混ぜて、オリジナルのホットチョコレートを楽しめます。

チョコレートのおいしさを堪能できる限定パフェ

「バニラビーンズ・パルフェ-The Roastery-」(1800円/税別)は14:00~20:00の間でオーダー可能

1日10食限定の「バニラビーンズ・パルフェ-The Roastery-」は、“海を眺めながら食べるパフェ”をイメージしたオトナなデザート。

いちばん下にはオレンジのゼリーが敷き詰められ、チョコレートのクリームやキャラメルナッツのアイスを乗せたパフェで、砕いたチョコや薄く伸ばしたチョコの食感がアクセント。横浜港のサンセットを表現したトップのドライオレンジが華やかです。

オーダーメイドのタブレットを当日持ち帰れるサービスも

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ