無料の会員登録をすると
お気に入りができます

「リセットストレッチ」で気になるひざ上肉のたるみを解消!

美容

恐怖! ひざ上のたるみの原因は、歩き方に問題が!?

ふと足を見たら、ひざの肉がたるんでいる…!? ひざ小僧が黒ずんでいるようにも見えてショックですよね。でも、ひざ上がたるむのはなぜ?

「ひざ下のみで歩いているのが原因ですね。つまり、ひざを曲げたままで、お尻や太ももの筋肉をしっかり使って歩いていません。ひざ裏が曲がったまま歩いていると、ひざ上がたるみ、それが重力によってひざの上に覆いかぶさってきてしまいます。これはX脚やO脚の人に多く見られる現象です。まずはひざを伸ばせるように、ひざ周りの筋肉をテニスボールでほぐし、かたさをとりましょう」(KAORUさん)

ひざ周りのリリースで、ひざ周りの筋肉を柔軟にする

<1>
両手を使い、30秒~1分かけてひざのお皿の周囲にテニスボールを転がし、かたさをほぐしましょう。

<2>
つぎに、ひざ下にボールを置き、脚を前後左右に動かしながら、30秒~1分かけて、ひざ裏をほぐします。ひざの内側はこりやすいので、少し手で押しながら圧をかけましょう。反対側も同様に。

太ももとふくらはぎを伸ばして、ひざのゆがみを取る

ひざ周りをほぐしたら、太ももやふくらはぎを伸ばすストレッチです。この部分を伸ばすと、ひざ裏も自然と伸びてきます。長めのスポーツタオルを1本用意しましょう。

<1>
左脚を前にして、床に横座りをします。右脚の甲にタオルを輪にして引っ掛け、タオルの端を左手で持ちます。

<2>
タオルを引き、かかとをお尻に近づけながら、上体を左脚のほうに倒します。この姿勢を10秒キープ。太ももの前がしっかり伸びているのを感じましょう。太ももの前と対面にある太ももの裏~ひざが伸びやすくなります。

【できる人はここまで引き寄せて!】

<3>
太ももを伸ばしたら、つぎは太もも裏のハムストリングとふくらはぎです。骨盤を立てて床に座り、右脚を伸ばし、左脚を曲げて足の裏を右もものつけ根につけます。右の足裏に、タオルを輪にして引っ掛け、タオルの端を両手で持ちます。

<4>
ひざが曲がらないように注意し、座骨を後ろに突き出しながら上体を倒します。右脚の親指のつけ根(母指球)を前に押すのとは逆に、座骨は後ろに引くようにするのが効かせるコツ。この姿勢を30秒キープし、ふくらはぎ~太ももの内側と裏側が伸びるのを感じましょう。反対側も同様に行います。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ