無料の会員登録をすると
お気に入りができます

お使いのブラウザは現在サポートされていません。

一部の機能が正しく動作しない、表示が崩れる可能性があります。

より快適にご利用いただくために、ブラウザをアップデートしてください。

結婚は“3年目”が正念場?夫婦を続けるための10か条

恋愛・結婚

8.当たり前と思わず、いつも感謝する

温かい気持ちを伝え合える家庭に

相手がしてくれることを、当たり前だと感じていませんか?付き合っていた当初は、相手がしてくれるどんな小さなことでもうれしかったはず。その喜びを思い出し、忘れずにいてください。

fizkes / Getty Images

相手がいてくれることさえも、当たり前ではありません。小さなことでも感謝し、「ありがとう」と伝えましょう。お互いに感謝し合える、温かな家庭を築いていけますよ。

9.コミュニケーションを大事に

「察して」よりもストレートに求める

結婚生活でストレスをためている方、パートナーが「察してくれない」と思っていませんか?それならストレートに伝えた方がお互いにとってストレスフリーです。わかりやすいコミュニケーションの方がこじれません。

Witthaya Prasongsin / Getty Images

ハグやキスなどのスキンシップも大切に。そして会話も。何気ない会話でもかまいません。どんなことも「話したいな」と思えるような関係だったら、どんなに長い時間でも一緒にいられますよ。

10.見つめ合いつつ、同じ方向も見る

将来を歩むパートナーとして

夫婦として大切なのは、お互いをきちんと見つめ合うこと。すれ違う原因は、見つめ合っていないからでは?ちゃんとお互いを見ようとすれば、相手の心に気づけるはずです。

Photo by Alice Donovan Rouse / Unsplash

そして、同じ方向を見ることも忘れずに。同じ目標を持って、ともに努力し歩んでいくのが夫婦です。子供や二人の将来・老後を見据えて、手を取り合って歩んでいきましょう。

これからも夫婦として歩んでいきたいから♡

Morsa Images / Getty Images

結婚生活3年目で正念場を迎える夫婦ですが、逆に大変な状況をともに乗り越えることで、二人の絆は強固になるはずです。恋しく愛おしい夫婦として、これからも一緒に仲良く過ごせますように。

記事に関するお問い合わせ