無料の会員登録をすると
お気に入りができます

おいしく長持ち!定番野菜の正しい冷凍方法!キャベツやきゅうりなど

レシピ

野菜の正しい冷凍方法を紹介します。野菜だから野菜室と考えがちですが、それぞれにあう方法で保存すると長持ちするようです。中には生で冷凍できるものもあれば加熱して冷凍できるものもあります。長持ちのポイントは特徴にあわせて必要な下処理をすること!

生のまま冷凍する場合

大根を丸ごと1本購入しても、1回で使い切ることって、なかなかないですよね。あまった大根は輪切りや短冊切り、いちょう切りなどにカットし、それぞれを冷凍用の保存袋に入れて冷凍室で保存します。

あるいは大根をすりおろしてから水気を切り、製氷皿でキューブ状に冷凍し、凍ったら取り出し冷凍用の保存袋に入れて空気を抜き冷凍室へ。葉の部分も細かく刻み、塩もみし緑色の汁が出たら流水で洗います。水気を切ったらラップで包み、冷凍用の保存袋に入れ冷凍室へ。

11. ピーマンの冷凍方法

生のまま冷凍する場合

冷凍では1ヶ月ほど保存が可能なピーマン。前もってカットしてから保存しておけば、調理するときにすぐに使えて便利です。正しい保存方法は、ピーマンを水洗いし種とへたを取り除き、約1.5cm幅にカットします。

次にペーパータオルで水気を拭き取り、冷凍用の保存袋にピーマン同士が重ならないよう入れ、空気を抜いて密閉し冷凍室に入れればOK。あるいはカットせず丸ごと冷凍用の保存袋に入れて冷凍しても構いません。

12. ほうれん草の冷凍方法

生のまま冷凍する場合

葉の表面から水分が抜け、2~3日くらいでしなびやすいほうれん草。あまったら鮮度がよいうちに冷凍保存するのがおすすめです。生のまま冷凍する場合は水洗いし、食べやすい大きさにカットし、水気を拭き取って冷凍用の保存袋に入れ密閉し冷凍室へ。

密閉するときはほかの野菜と同じく袋の中の空気をなるべく抜くことが大切です。使用するときはたっぷりの湯で約30秒ゆで、流水にさらして水気を切ればOK。炒め物やおひたし、汁物に使えます。

加熱して冷凍する場合

ほうれん草は加熱して冷凍保存できますが、食べるときに少し筋っぽく感じるケースもあるようです。保存方法は、ほうれん草を少しかためにゆで、4~5cmにカットし水気を切って1回に使用する分ずつ小分けにしラップでピタッと包みます。

次に冷凍用の保存袋に入れ密閉し冷凍室へ入れればOK。生のままで冷凍するより加熱して冷凍室に入れるほうがコンパクトに保存できるのが嬉しいポイントです。使用するときは凍ったままスープやうどんに入れてくださいね。

すぐに使えて時短調理に重宝する!

紹介した野菜はすべて生で冷凍保存が可能です。購入してすぐにカットし小分けして、冷凍用の保存袋に入れて冷凍するだけでOK。今回紹介した野菜のほかに、枝豆・レタス・小松菜・グリーンピース・白菜なども冷凍保存が可能です。

とくに少量ずつ小分けしておくと使いたい分だけ使えて重宝します。ぜひ野菜を冷凍保存して時短調理に役立ててみてくださいね。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ