無料の会員登録をすると
お気に入りができます

もっと彼を虜に♡愛を深める「魅惑のキス」12種類

あなたは彼とのキスを楽しんでいますか?もし、いつも彼任せだとしたら、あなたもキスの勉強をして彼に愛を伝えてみましょう!今回ライトなものからディープなものまで、是非試して欲しい魅惑のキスを12種類ご紹介します。

2016年6月
恋愛・結婚

また、キスにだけ集中するのではなく、あなたの腕でも愛情を表現してみましょう。プレッシャーキスの強さとハグの強さを比例させれば、彼の体にもグッと情熱が伝わりますよ。

徐々にお互いを高めたい時はコレ♡

⑤スタンプキス

プレッシャーキスの次は唇を開いた状態でキスを楽しみましょう。お互いの下唇の感触を楽しんだらそのままプルンっと弾きます。イメージが分からない時は、自分の指やコップの縁で唇を弾く練習をするのもお勧めです。

また、スタンプキスの「スタンプ」は「可愛いね♡」の意味も含まれています。スタンプを何度も押すイメージで、彼から「可愛い♡大好き!」のキスをもらっちゃいましょう!

⑥スウィングキス

下唇の感触を楽しんだら、今度は彼の唇を軽く噛んで左右に顔をゆっくり振ってみましょう。甘噛みしたり、目を見ながらすると彼の興奮度も高まります。自分の指をそっと咥えて練習するとイメージが湧きやすいですよ。

スウィングキスは「欲求」の意味も持っています。ゆっくりと彼の唇にあなたが次にして欲しいことを伝えていきましょう。また、スタンプキスと組み合わせることで、次のディープキスへ進みやすいムードになります。

ディープにゆっくり楽しみたい時はコレ♡

⑦インサートキス

インサート=「挿入」ですが、舌を奥まで入れるのではなく、舌先を彼の口にそっと入れるようなキスです。お互いの舌をそっと入れ合うことで、もっともっと奥まで触れ合いたい欲求が湧いてきます。

また、自分の口に入ってきた相手の舌を自分の舌で包みこんであげましょう。そして、時にはまたプレッシャーキスに戻り、唇の感触を楽しみましょう。

⑧オブラートキス

インサートキスを更に進化させたキスです。今度は舌先を彼に出してもらい、それを吸いこむ形で自分の口に含みます。そのままお互い口の中で舌を絡めて楽しむのです。吸う力も強弱をつけて彼をドキリとさせましょう!

オブラート=「包みこむ」ことが目的なので、激しさよりも優しさで彼の舌を包みましょう。また、舌の長さが短い人もいるので、無理やり吸いこまないよう気を付けてくださいね。痛みが伴ってはムードも台無しです。

記事に関するお問い合わせ