無料の会員登録をすると
お気に入りができます

もっと彼を虜に♡愛を深める「魅惑のキス」12種類

あなたは彼とのキスを楽しんでいますか?もし、いつも彼任せだとしたら、あなたもキスの勉強をして彼に愛を伝えてみましょう!今回ライトなものからディープなものまで、是非試して欲しい魅惑のキスを12種類ご紹介します。

2016年6月
恋愛・結婚

キスもいろいろな種類があるんです

大好きな彼とあなたはどんなキスをしていますか?実は「キス」と一口に言っても、30種類以上の名前やテクニックが存在するのです。愛を深めるためにも今一度キスの勉強をして彼を驚かせましょう♡

今回、ライトなものからディープなものまで、魅惑のキス12種類をご紹介します。是非彼と試してくださいね。

かわいく攻めてみたい時はコレ♡

①ライトキス

あなたがしたい場所に軽くチュッとするだけの簡単なキスです。おでこは「祝福」、髪は「恋しさ」、鼻は「大切に思う気持ち」、唇は「愛情」、耳は「誘惑」、首は「執着」と言われています。

ライトキスと言っても、日本人は照れがちですが、「ありがとう!」「おやすみ!」「大好き!」など、日常のちょっとした気持ちをキスに乗せて彼に伝えてみましょう♡

②バードキス

ライトキスが「チュッ♡」と1回するのに対して、こちらは唇を軽く尖らせ、小鳥同士がついばむように繰り返しするキスです。ライトキスで気持ちが高まったら、今度は彼の唇に何度も愛を伝えてみましょう。

またバードキスは「嬉しさを伝えるキス」とも言われています。久々に会えた時や、彼に何かしてもらって嬉しさが高まった時、あなたの喜びの度合いをキスの回数で表現してみて下さいね。

③ノーズキス

唇は使わず、鼻先で愛を伝えるキスです。鼻同士をツンツン合わせたり、擦り合わせたりしますが、わざとギリギリのところで唇が触れないようして、お互いのドキドキ感を楽しみましょう。

「鼻」は相手を慈しむ場所と言われているので、「愛してる、ありがとう」の気持ちを込めながら、ゆっくり触れましょう。じらしながらムードを高めれば、彼も早くあなたの唇を奪いたくなるはずです♡

④プレッシャーキス

閉じた唇同士を合わせるベーシックなキスです。「プレッシャー=圧力」ですが、強く押し当てるだけでなく、柔らかく触れたり、緩急をつけることでお互いの気持ちが高まります。

また、キスにだけ集中するのではなく、あなたの腕でも愛情を表現してみましょう。プレッシャーキスの強さとハグの強さを比例させれば、彼の体にもグッと情熱が伝わりますよ。

徐々にお互いを高めたい時はコレ♡

⑤スタンプキス

プレッシャーキスの次は唇を開いた状態でキスを楽しみましょう。お互いの下唇の感触を楽しんだらそのままプルンっと弾きます。イメージが分からない時は、自分の指やコップの縁で唇を弾く練習をするのもお勧めです。

また、スタンプキスの「スタンプ」は「可愛いね♡」の意味も含まれています。スタンプを何度も押すイメージで、彼から「可愛い♡大好き!」のキスをもらっちゃいましょう!

⑥スウィングキス

下唇の感触を楽しんだら、今度は彼の唇を軽く噛んで左右に顔をゆっくり振ってみましょう。甘噛みしたり、目を見ながらすると彼の興奮度も高まります。自分の指をそっと咥えて練習するとイメージが湧きやすいですよ。

スウィングキスは「欲求」の意味も持っています。ゆっくりと彼の唇にあなたが次にして欲しいことを伝えていきましょう。また、スタンプキスと組み合わせることで、次のディープキスへ進みやすいムードになります。

ディープにゆっくり楽しみたい時はコレ♡

⑦インサートキス

インサート=「挿入」ですが、舌を奥まで入れるのではなく、舌先を彼の口にそっと入れるようなキスです。お互いの舌をそっと入れ合うことで、もっともっと奥まで触れ合いたい欲求が湧いてきます。

また、自分の口に入ってきた相手の舌を自分の舌で包みこんであげましょう。そして、時にはまたプレッシャーキスに戻り、唇の感触を楽しみましょう。

⑧オブラートキス

インサートキスを更に進化させたキスです。今度は舌先を彼に出してもらい、それを吸いこむ形で自分の口に含みます。そのままお互い口の中で舌を絡めて楽しむのです。吸う力も強弱をつけて彼をドキリとさせましょう!

オブラート=「包みこむ」ことが目的なので、激しさよりも優しさで彼の舌を包みましょう。また、舌の長さが短い人もいるので、無理やり吸いこまないよう気を付けてくださいね。痛みが伴ってはムードも台無しです。

⑨カクテルキス

ディープキスの総まとめのようなキスです。舌先を包んだり、吸ったり、もっと奥に入れたり、そして、時にはバードキスやスタンプキスも入れて、2人のアレンジを楽しみましょう。

「カクテル」の名の通り、いろいろなキスを混ぜて楽しむことがポイントです。同時に彼の頬に手を添えたり、髪を触ったり、首筋に手を回したりと、キスに合わせて手の動きもいろいろ変えると更に興奮が高まりますよ♡

舌の感触にドキリとしたい時はコレ♡

⑩ニプルキス

今度は舌で相手の唇を舐めるキスです。唇の端から端へ、そして上下、丁寧に舐めてあげましょう。舌先はあくまでも柔らかく使うのがポイントです。優しいタッチで彼をじらしてみてくださいね。

また、舐めるのは唇だけにするのがニプルキスの魅力です。あえて唇に集中することで性的興奮が一点に集中します。彼からもあなたの唇を丁寧に舐めてもらいましょう。お互いに胸が高鳴るのを感じるはずです。

2人で変わったキスを楽しみたい時はコレ♡

⑪キャンディキス・アイスキス

キャンディを舐めながら、アイスを口に含みながらなど、食べ物を使ったキスです。もし食べ物のベタベタ感に抵抗がある場合は氷を使ってみましょう。お互いの口で溶ける感覚だけでなく、ひんやり感も刺激になります。

但し、これはお互いの信頼があってこそできるキスです。もし、あなたが嫌がっても食べ物を使うことを強要してくるようであれば、それは地雷男。自分の性的満足だけを優先し、相手の拘束を好むので手を切りましょう!

⑫カウンティングキス

「今日は◯回キスしようね♡」とカウントを楽しむキスです。ゲーム感覚でできるので「目標は100回達成ね!」などちょっと大げさな提案で甘えてみましょう。彼もノってくれば1日中いろんなキスが楽しめます。

また、彼とちょっとマンネリ気味であれば「今日は私の誕生日だから◯回キスしたいな♡」など、特別な日にお願いしてみましょう。たくさんキスするキッカケを作ることで、またお互いの気持ちが再確認できます。

キスでいっぱい愛を伝えよう!

体の関係以上に、キスはお互いの愛情度が試されます。彼に任せるだけでなく、あなたからもいろいろなキスで自分の愛情を伝えていきましょう。女性ならではの柔らかさと優しさで彼の唇を包んで下さいね。

2人がキスを通してもっともっと親密になれますように♡

記事に関するお問い合わせ