無料の会員登録をすると
お気に入りができます

プロの美容師に教わる!ヘアカラーを3倍長持ちさせる4つのポイント

ヘアスタイル

アッシュ系って色が抜けやすい?

外国人風カラーの代表といえば、アッシュ系カラー。透明感のある人気のカラーですが、人によっては、すぐに色が抜けちゃう…って方も多いはず。

Instagram

写真・動画の投稿が

削除された可能性があります。

せっかく美容院でキレイにしてもらったのだから、少しでも長く楽しみたいですよね。今回は、ヘアカラーの色味を長持ちさせる方法をご紹介したいと思います。

カラーの色が抜けてしまうワケ

キレイに染めて気に入ったカラーリングでも、早い人では数週間で色が変化して、ほとんどの人が半月程度で徐々に色が抜け落ちてしまいます。どうしてこんなに短期間で落ちてしまうのでしょうか。

色素が剥がれてしまうから

カラーする時は、髪のキューティクルを開いて髪の中に色素を入れることで髪が染まります。しかし、その染料というのは、髪の内部で完全に定着してはくれず、時間の経過とともに色素が剥がれていってしまうのです。

カラー直後は、髪もツヤツヤしてキレイですが、数ヶ月経つとツヤがなくなってバサバサしてくるのは、髪に入った色素が落ちていくことで毛髪内部がスカスカになり、保水力が衰えてツヤがなくなるためなのです。

髪へのダメージ

パーマなどの薬剤によるダメージの他、ドライヤーなど長時間使用による熱のダメージも、色が抜けてしまう大きな原因。毎日のスタイリングで、コテやアイロンを使う人も要注意です!

Peter Zelei Images / GettyImages

シャンプーや紫外線によるもの

皆さん、毎日髪の毛を洗っていると思いますが、実はその洗浄力によって少しずつ色味も抜けていっているのです。また、普段から無意識に浴びている紫外線も色落ちする原因と言われています。

Piotr Marcinski / EyeEm / GettyImages

カラーの色味を長持ちさせるコツ

カラーが落ちやすい原因がわかれば、あとはそれを予防すれば良いだけ!ヘアケアは毎日コツコツと積み重ねることで、カラーの色持ちを長引かせてくれるはず。

1. カラーした日はシャンプーしない

染めたての髪の毛はとってもデリケートな状態です。洗浄力の強いシャンプーで、その日のうちに洗い流してしまったら、定着が不十分な色素は髪からどんどん流れていってしまうのです。1日我慢が鉄則です。

記事に関するお問い合わせ