無料の会員登録をすると
お気に入りができます

「人見知りです」を言い訳にしない!出会いを恋に変える魔法の言葉♡

そろそろ自己紹介で枕詞のように「私人見知りです」と言うのをやめてみませんか?人見知りは損することばかりだからこそ、今こそ改善のチャンス!同性異性問わず素敵な出会いを次につなげる魔法の言葉をご紹介します。

恋愛・結婚

そろそろ克服したい!大人の人見知り

「人見知りなんです」はもう通用しない?

あなたはついつい初対面の人に会うたび「私、人見知りなんです」などと言い訳していませんか?実はこれ、言われた方は決していい気がしないNGワード!

芸能界でも星野源さんや小籔千豊さんをはじめ多くの人が、こんな大人の人見知りを「カッコ悪い」と本質を突くような発言をしています。

今こそ人見知りを克服して世界を広げるべし!

だからこそ今始めたいのが大人の人見知りを克服させるコミュニケーション術!そこで今回は人見知りさんが会話をスムーズに進めるために知っておきたい魔法のワードをまとめてご紹介いたします。

今年こそ人見知りにさよならしたい!と考えている方は、是非チェックしてみてくださいね。

覚えて便利♡話がはずむ魔法のワード

①まずは無難に!「今日は〜ですね」

初対面から誰とでも楽しく会話できる人は最初の一言がとても上手!彼ら彼女たちだって決して最初から距離を詰めているのではなく、まずは当たり障りのない言葉で上手に相手との話を進めているのです。

おすすめなのが「今日は天気がいいですね」「今日は道がすごく混んでいましたよね」など、誰もが「そうですね」と共感できるようなもの。相手のプライバシーに関わらない話の方が、より好感が得られやすいのだそう。

②少しだけ踏み込む「出身はどちらですか?」

会話のスタートがうまく切れたら、次は勇気を持って少しだけ踏み込んでみましょう!そんな時におすすめなのが、相手の出身を聞くこと。

出身地の話というのは思わぬところに共通点があり、話が盛り上がりやすい初対面の鉄板ネタ!万が一共通点がなくても、相手の出身地の名所などを知っていれば「〜って素敵ですよね」などと話を展開しやすくなります。

③相手との距離を縮める「よく〜って言われませんか?」

うわべ上は仲良くなれても、そこから一歩進めない!とお悩みなら、相手の思わぬポイントを上手に聞き出す方法が一押し。そんな時に使えるフレーズが「よく〜って言われませんか?」の一言です。

記事に関するお問い合わせ