無料の会員登録をすると
お気に入りができます

旅好きライターが惚れた♡世界一のリゾート地「マルタ共和国」の魅力

ヨーロッパ大陸とアフリカ大陸の間に位置する、マルタ共和国。ヨーロッパの人々にとって至極のリゾート地なんです。透き通る海だけでなく、世界遺産の街並みやナイトライフまでなんでも楽しめる、バケーションに最高の場所なんです。

2016年6月
旅行・おでかけ

地中海に浮かぶ楽園「マルタ共和国」

「地中海の真珠」と呼ばれるマルタ共和国。最近日本でもようやく人気になりつつありますが、観光で国が成り立っていると言って良いほどヨーロピアンのバケーションスポットとして大人気なんです。

東京23区の約半分ほどという狭さで、日本の本屋さんではガイドブックをあまり見かけません。でもヨーロッパ周遊をしたライターが一番におすすめしたい次の海外旅行先は、マルタなんです♡

マルタに惚れる3つの理由

美しい海とヨーロッパの街並みを同時に楽しめる

古いヨーロッパの雰囲気が色濃く残っており、近代建物はほとんど見かけません。さらになんといっても海の綺麗さ!あちこちに大きくはないれけど海に飛び込めるビーチがあり、街の中心部でも魚が見えるほどの綺麗さ♡

マルタののんびりした雰囲気

どこのお店にもテラス席がありマルタのビール「CISK」を片手におしゃべりを楽しんでいるおばあちゃんがいたり、バスの運転手さんは音楽を流しながら運転していたり、ビーチで勉強している若者がいたり。

そんなゆったりと流れる空気は、日本から来る私たちを癒やしてくれるはずです。

ピザが1ユーロ(約125円)という物価の安さ

西ヨーロッパは物価が高い。けれどマルタは、名物のチーズケーキは1つ30セント、バスは1.5ユーロで乗り継ぎ無料、ビールをレストランで頼んでも2〜3ユーロと本当にお金がかかりません。

マルタの観光スポットは数多くありますが、今回は訪れたら絶対に行くべき、すべきことをご紹介します♡

①世界遺産の古い街並みを見る

首都バレッタ(Valleta)

マルタの世界遺産は3つありますが、一番行くべき場所は首都のバレッタ。壁に囲まれている城壁都市です。英国に統治されていた影響で建物の窓枠が緑を中心に、カラフルに色づいていてどこを歩いても絵になります。

記事に関するお問い合わせ