無料の会員登録をすると
お気に入りができます

この冬、風邪に負けない体を作る!バレエダンサーが教える免疫力アップエクサ<中級編>

美容

動きたくない体を目覚めさせるエクササイズ

<1>床にお尻をつけて両脚を伸ばして座ります。足は腰幅に開き、足首は直角に曲げて。両腕は肩から真横に伸ばし、背中が丸まらないように腰を垂直に立てて座ります。
この姿勢がツライ人は、お尻にクッションを敷いて座ってOK。

<2>息を吐きながら上半身を右にひねり、左腕を右脚の外側に添えます。お腹をヘコませながら、軽くストレッチするように行うと効果的です。
顔はうしろに伸ばした腕と同じ方向に向けましょう。肩と首に力が入らないように注意して。しばらくこの姿勢をキープします。

<3>最後に、息を吸いながら<1>の姿勢に戻ります。この流れを左右交互に5セットずつ行いましょう。

正しく行うポイントとして、ストレッチすることよりも、お腹をヘコませることを意識してください。
ゆっくりていねいに行うことが、よい結果を生んでくれます(武田さん)

寒さで縮こまった体を活性化するエクササイズ

<1>床に両ひざをつけ、肩幅より少し広めに開きます。
手のひらが天井へ向くようにして頭上で両手を組み、上半身はお腹を引き上げてまっすぐの姿勢へ。

<2>息を吐きながら、左側へお尻を下ろして横座りします。
このとき、上半身をツイストさせながら座り、両手も組んだまま、ツイストさせたほうへと下ろしておきます。
ちょうど、背中が気持ちよく伸びている感覚があれば、正解です。

<3>息を吸いながらお尻を持ち上げて、<1>の姿勢に戻ります。
両手も再び頭上に戻しましょう。

続いて、先ほどとは反対側へとお尻を下ろして横座りします。この流れを交互にほどよくくり返しましょう。

エクササイズのポイントとして、お尻の上げ下げは、お腹の力を使うように意識してくださいね(武田さん)

背筋を鍛えるエクササイズ

<1>床にうつぶせに寝たら、両ひじを直角に曲げて手のひらを床につけます。両足は自然な幅に開いておきましょう。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ