無料の会員登録をすると
お気に入りができます

グレー・ブラック・ベージュ。基礎色派女子の垢抜けコーデ5つのルール

ファッション

いつも地味なコーデに悩む人へ

「ベーシックカラーが使える」と信じ、クローゼットの中はグレー・ブラック・ベージュなど基礎色が溢れている!という人はいませんか?

wear.jp

何となくいつも同じ感じで、お出かけっぽく見えない…そんな悩みを抱えているのではないでしょうか。今おうちにあるベーシックカラーの服が素敵に見えるテクニックを5つご紹介します。

①グラデーションコーデで垢抜ける

wear.jp

ベーシックカラーが好きな人は、ベージュと一口で言っても濃い色から薄い色まで持っているはず。無理に「オールホワイト」のようなワントーンにせずとも、グラデーションで合わせるとグッと今の気分に合うはずです。

②「カジュアル」と「きちんと」を入れる

ベーシックカラーを着て「無難」に終わってしまう人は、そのアイテム同士も「王道」の組み合わせになっていませんか?

デニムなのにヒール、ラフなTシャツなのにウエストインなどカジュアルな格好こそ、きちんとした要素を散りばめることで、ワンランク上の着こなしが実現します。

③差し色にはテラコッタカラーを

Instagram

写真・動画の投稿が

削除された可能性があります。

ベーシックカラーが好きでやめられない!という人におすすめのカラーはテラコッタ。ブラックに合わせれば都会的で落ち着いた印象に。秋冬にもマッチするので次のシーズンでも活躍出来ます。

④インパクトカラーを小物で入れる

着まわしの効くベーシックカラーを選ぶ人こそ、小物で「遊び」の要素を入れると、とたんにあか抜けて見えちゃいます♡思い切ったカラーを選ぶときこそ、ベーシックな形にすると、意外にもいつもの服に馴染みます。

⑤定番色だからこそ旬アイテムを投入

今度はトレンドアイテムを選ぶときは、安定のベーシックカラーにすると、合わせやすく◎

記事に関するお問い合わせ