無料の会員登録をすると
お気に入りができます

エアコンの設定温度は?「犬の留守番」寒さ対策の注意点

ペット

犬はもともと寒さに強い動物ですが、犬種や年齢などによっては、寒さが苦手な犬もいます。また、犬を取り巻く環境が大きく変化したこともあり、寒さが苦手な犬が増えているのだとか――。ここでは、留守番中の犬の寒さ対策の注意点ついてご紹介します!

エアコンの温度を高く設定しない

dog.benesse.ne.jp

冒頭でもお伝えした通り、犬は本来寒さに強い動物なので、エアコンの設定温度によっては、かえって暑すぎてしまうことがあります。

そこで、エアコンの温度は26℃前後を目安に設定するようにしてください。また、エアコンを使用すると空気が乾燥しやすくなるので、加湿器などを使って、湿度50~60%程度の状態をキープするよう心がけることも大切です。

コードが必要な防寒グッズは使用しない

dog.benesse.ne.jp

犬用カーペットといったコードが必要な防寒グッズは、犬がコードをかじるなどした場合、事故につながることがあります。留守番中の事故を避けるためにも、飼い主さんがいない間はコードが必要な防寒グッズは、使わないようにするか、コードがかじられないようにしましょう

ちなみに、コードを使用しない床暖房なら、留守番中に使用してもOK。犬が暑くなったときに涼めるよう、すのこなどを置いておくとよいでしょう。

ハウスは窓から離れた場所に置く

dog.benesse.ne.jp

窓の近くは、冷たい隙間風や冷気が入り込むことがあり、外気の影響を受けやすくなります。

愛犬が留守番中に休む「ハウス」が寒くならないよう、窓から離れたところにおいてあげてください。

こんな人用の防寒グッズは、留守中使わないで!

dog.benesse.ne.jp

人用の防寒グッズの中には、犬に不向きなものもあるので注意が必要です。以下の防寒グッズは、なるべく犬に使わないようにしましょう。

犬が注意したい人用防寒グッズ

高温多湿のこたつの中に犬が長時間いると、マラセチア性皮膚炎や外耳炎などを引き起こすおそれがあります。

低温やけどや、袋の中身を誤飲する心配があります。

犬がストーブやヒーターに近づきすぎると、やけどをしてしまう危険があります。これらを使用する場合は、飼い主さんの目の届く範囲内にし、まわりを柵などで囲んであげると安心です。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ