無料の会員登録をすると
お気に入りができます

俺にも言わせて!コレだけは彼女にわかってほしい「男のトリセツ」5選

不満などが溜まってくると、女性側が男性側にイライラと意見することが多くなりがち。でも、ちょっと待って!男にだって言い分はあるんです。お互い信頼関係を築きながら、彼をいい男に育てるための秘訣をご紹介しましょう。

2016年6月
恋愛・結婚

男だってわかってほしいんです!

昨年、神曲すぎると話題になった、西野カナの「トリセツ」。「恋人ならこう扱ってね」と思う、女性の気持ちを歌詞にして、今もロングヒットしています。

しかし、実際問題すべての希望をきくのは難しいことばかり。今回は、逆パターンで彼女にはこうしてほしいといった、「男のトリセツ」をランキング形式でご紹介します。

5位:下手でも手料理がうれしい

やっぱり男性は、彼女が作ってくれる手料理を食べたいと思う生き物。もちろん、美味しいご飯は嬉しいですが、自分のことを想った「おもてなし」精神が何よりも大切なのです。

「気持が伝わってくるのが一番。中身は二番」(30歳)
r25.jp

手の込んだ料理や、時間をかけた凝った料理よりも、パッと作れる簡単な料理の方が男性ウケが◎。手際の良さをアピールしながら、盛り付けは愛情たっぷりにこだわってあげましょう♡

4位:こまめに連絡しなくても許して

社会人だと学生時代に比べ恋愛のスタイルが変わってきます。時期によって仕事が忙しくなる時もあるし、夜遅くに帰ってくる事も。勤務中に返信したいと思っていても、出来ない時も多々あるのです。

「適切なタイミングをお互いにさぐりあっていけるようになりたい」(34歳)
r25.jp

付き合いたては彼の方から連絡がマメにあったのに最近減ったな…という悩みを抱えている女性も多いはず。しかし、彼が連絡をあまりしてこないのは男性の特徴の一つ。そこは割り切ってあげる心の広さを持ちましょう。

いつまでも飽きられない!男性が夢中になる女性の特徴6つ

男性がついつい追いかけてしまう女性には、共通した特徴があります。長いお付き合いの中で、“いつまでも飽きられない”ことはマンネリ防止に繋がります。男性が夢中になり続ける女性の特徴とはいかに?
2176

3位:たまには1人にしてほしい

いつでも一緒にいたいというタイプの人なら、1人になりたいと感じる人の気持ちが理解できないかもしれません。しかし、人によって価値観は様々なので、時間の使い方や過ごし方も人それぞれ異なります。

「友人と遊んだり一人で過ごしたい気持ちが常にある」(33歳)
r25.jp

1人の時間は欲しいというのは、乱れた自分のペースを取り戻したいということ。お互いの円満な関係性のためにも悲観的にならず、1人の時間を作ってあなたも自分のペースを整えてみてはいかが?

2位:仕事の頑張りを褒めてほしい

仕事で疲れていると溜まってくるストレス。そのストレスを軽減させ、心と身体を開放的な状態にするための手段の一つが「癒し」です。好きな女性と一緒にいるだけで癒されるという男性は多くいます。

「一日の頑張りが報われたようでうれしい」(27歳)
r25.jp

男性は成果や結果を重視しているので、頑張っていることを理解してくれることが一番嬉しいツボ。「頑張っているんだね」という言葉は、頑張っていることを理解しているよ、と暗に伝えられるのでおすすめです。

1位:定期的にホメるとうれしい

男は、なんだかんだいってプライドの高い生き物。褒められて嬉しくない男なんていません。彼を褒める習慣をもつことで、彼もあなたを褒めるといった"良い循環"が自然と生まれてくるのです。

「時々は褒められた方が嘘でも気分は良くなるので長続きすると思う」(37歳)
r25.jp

付き合う女性によって、男性の魅力は大きく変わります。男性の良い部分をどんどん引き出して、成長させるのが「女性の力の見せ所」であるということを忘れないようにしましょう。

死ぬまでラブラブでいましょう?♡仲良しカップルに共通する6つのこと

付き合いが長くなっても、付き合い始めのような仲の良さを保っているカップルたち。そんなラブラブな仲良しカップルに共通する特徴をご紹介します。
2604

思いやりが絆を深める

男性は「俺のことを認めてくれている」と思うと、あなたをますます信頼するように。相手の喜ぶ「褒めポイント」を見つけて、自分好みのイイ男を作り上げていきましょう。

「支えられている」感覚が彼を結婚へ動かす。男性が癒やされるポイント

男性がつい彼女に癒されて、もっと好きになるのはこんな時です。意識的に彼のことを大切にして行動を起こしてあげるだけで、ぐっと気持ちは楽になります。つい好きになって、将来のことまで考えてしまう条件をご紹介しましょう。
1982
記事に関するお問い合わせ