無料の会員登録をすると
お気に入りができます

どんな種類がある? 電気代節約のコツは? プロに学ぶ冬の暖房機の選び方

節約・マネー

ライフスタイルに合わせた暖房選びがポイント

暖房機のプロこと、住宅設備機器メーカー「コロナ」の小林純子さんと佐藤房俊さんによると、
「近年、住宅仕様の変化やライフスタイルの多様化によって、暖房機の選ばれ方に変化が生じています。増加傾向にある高気密・高断熱の住宅において、ただ高出力の暖房機より、部屋にあった特長を持つ暖房機が求められることが多くなっています。

また、家族それぞれのライフスタイルに合わせて使い分けができる、タイマー機能を重視した暖房機や、すでに設置されている家電と併用するための暖房機など、選ばれる暖房機にも多様性が生まれています。
今、市場には多くの暖房機があふれていますが、その中から『いちばん自分に合った暖房機は何か』を知ることが大切です」とのこと。

それぞれどんな効果がある? 暖房機の種類と特徴

自分に合った暖房機を選ぶことが大切ということですが、実際に、暖房機にはどのような種類があるのでしょう? 暖房機のプロによると、暖め方で暖房機を分類した場合、主に下記の3種類に分けられるそう。

【強制対流形】
送風ファンなどを用いて、暖められた空気を拡散させることで部屋の温度を上げる暖房機。
例:エアコン、石油ファンヒーターなど

【自然対流形】
暖められた空気が上昇し、自然に循環することで部屋の温度を上げる暖房機。
例:オイルヒーター、オイルレスヒーター、対流形石油ストーブなど

【輻射形】
遠赤外線(熱)を放出し、部屋の空気ではなく人の体を直接暖める暖房機。
例:電気反射ストーブ、反射形石油ストーブなど

では、さらに暖房の種類を細かく見ていきましょう!

強制対流形である「エアコン」は、電気を使用します。部屋全体をすばやく暖める効果があり、やけどの心配がなく、空気を汚しません。一方で「石油ファンヒーター」は灯油と電気を使用します。速暖性と温風の本格暖房で根強い人気があり、低消費電力で省エネです。

続いては自然対流形の「オイルヒーター」。送風しないので、静かで空気を汚しません。また、最近ではオイルを使用しないオイルレスヒーターも人気です。こちらは電気を使用しオイルを使わないので速暖性に優れ、軽量です。一方で灯油を使用する「対流形石油ストーブ」は、23畳以上の広い場所でもまるごと暖める高い暖房能力を持っています。

最後は輻射形の「電気反射ストーブ」と「反射形石油ストーブ」。「電気反射ストーブ」は、電気を使用し、遠赤外線で人の体を暖めます。スポット暖房やエアコンとの併用も効果的です。その一方で「反射形石油ストーブ」は灯油を使用。コンセント不要で乾電池で使用できるため、災害時などでも活躍します。

このように、同じ暖房機でも、種類によってそれぞれいろいろな特徴を持ち合わせているのです。

「暖房機のプロ」がおすすめする! 部屋別の暖房機選び

ここまでいくつかの暖房機をご紹介しましたが、どこでどんな暖房機を使うと効果的なのでしょうか。 暖房機のプロに、「部屋別おすすめ暖房機選び」について伺いました。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ