無料の会員登録をすると
お気に入りができます

本当においしい全国グルメ&スイーツ店18軒!グルメ通に聞く『MY BEST GOURMET 2019』

本誌で振り返った2019年のグルメは、ひとりでふらりと入れたり、店主の個性が光ったり、お財布にも人にも優しいことが際立っていました。グルメな皆さんの最高の幸せとは?Hanako『1000円の幸せと、6000円の悦びと。おいしい店!』「100人に聞いた、私の幸せ。」よりお届け。

旅行・おでかけ

相田幸二さんリコメンド〈米沢鯉六十里〉/山形

“こうちゃん”の愛称で、テレビ・イベントなど料理に関する分野で活動し、『こうちゃんの簡単料理レシピ』(宝島社)はシリーズで250万部の大ヒット。そんな料理への情熱がやまない幸せ料理研究家・相田さんは、出身の山形にある〈米沢鯉六十里〉の「鯉丼定食」2,100円の虜だ。「鯉料理のイメージを一新する素晴らしい料理。間違いなくファンになってしまう一品です。甘辛いタレが染みたテリヤキの鯉は香ばしく外はカリッと、中はふわっと。米沢産のお米ととても合います」

■0238-22-6051

泡☆盛子さんリコメンド〈きみや〉/京都

「店で、家で、野外で、おいしく飲んで食べるのが生きがい」というライターの泡さん。25年の京都暮らしで倍になった彼女の体重を、さらに増加させるのが西木屋町の人情派カウンター酒場〈きみや〉。「大鉢で並ぶお惣菜や黒板にびっしりの定番メニューは和洋中アジアと多彩でどれもおいしい。名物のハンバーグをタコさんウインナーやナポリタンなどと盛り合わせてもらい、満々と注がれたワインを飲むひと時が幸せすぎる」。食べて飲んで予算3,000円ほど。

■075-221-5824

池上桂一郎さんリコメンド〈OFF.Kinosaki〉/兵庫

100g 1,950円、注文は200g~。

「外湯めぐり後に浴衣で気軽に洋食とワインを味わう喜びを教えてくれる、世界でも珍しい有難いビストロ」と城崎の旅館〈西村屋〉の池上さん。「『但馬牛(たじまうし)の揚げ焼きステーキ』は、揚げてから焼いた赤身肉に岩塩と黒コショウのシンプルさ。だが、お店の雰囲気やオーナー夫妻セレクトのナチュラルワイン、付け合わせのポテトや地物野菜と味わうと、もはやここが城崎の温泉街なのかパリなのか分からなくなる」。

■0796-21-9083

いしいしんじさんリコメンド〈ツバクロ すっぽん食堂 京都店〉/京都

超絶品の腕を持つ料理人の奥様と息子さんと3人で、京都暮らしを楽しむ作家のいしいさん。「9歳の息子の好物はふぐと土瓶蒸し」(!)とあって、和食にもよく通う。そんな彼が最高の賞賛を送るのがこの店の丸鍋だ。すっぽんは長崎の奥山で2回の冬眠を重ねた無添加・極上品を使用。「最大の愛情を注いでさばかれたすっぽんのお鍋が1人前2,000円。野菜、お肉などの料理も最高。幸せを食材の形にしたら丸鍋になるのじゃないかと、ここに行くと思います」

■075-251-0234

魚田 南さんリコメンド〈SUGiTORA〉/京都

漫画家の魚田さんは「描くために食べ、食べるために描く」がモットー。『はらへりあらたの京都めし』シリーズや『カラスのいとし京都めし』など彼女の作品にも京都の美味が数多く登場する。そんな彼女の今年のイチオシはジェラート店。「口当たりふわふわのジェラートが〈スギトラ〉の魅力。ここがオープンしてから幾多のジェラート難民が救われたことでしょう。イートインなら見目麗しいパフェもおすすめ。特に私は秋冬メニューが好き」。ジェラート 400円~。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ