無料の会員登録をすると
お気に入りができます

言うほどでもないけどもやもや…ちっちゃな不満の伝え方

恋愛・結婚
vgajic / Getty Images

感情的になりすぎないように気をつけて。激しい感情は彼をおびえさせてしまい、あなたの気持ちがうまく伝わらないかもしれなせん。「私は」をつける“I メッセージ”で「私は悲しかったんだ」「私は嫌だなって思ったの」と伝えるのがおすすめです。

どうしてほしいのかも示す

不満を伝えた上で、自分がどうしてほしいのか、何を求めているのか改善策も伝えましょう。不満を伝えるだけだと、「結局どうしてほしいの?」と彼女に応えられず困ってしまう人もいるようです。

Aleksandr Zubkov / Getty Images

「そんなの自分で考えてよ!」と思うかもしれませんが、本当にわからないという人もいます。「こうしてほしい」と伝えてやったもらえば、お互いにとってストレスなく過ごせるかもしれませんよ。

自分への不満も聞く

彼に一方的に意見を聞いてもらうのではなく、自分に対する不満も聞いてみましょう。自分への不満を聞くのは、思っている以上にしんどいです。

vadimguzhva / Getty Images

彼にも同じ思いをさせてたんだな、と気づけます。また彼も「不満って言いづらいものなんだな」と気づいてくれるでしょう。お互いの立場で考えることで、思いやりを持つこともできるはず。

不満を伝えるときに気をつけること

二人きりの場所で

不満を伝えるときは、なるべく二人きりで話せる場所にしましょう。たとえば不安だから女友達についてきてもらう、などはおすすめしません。彼のプライドを傷つけますし、2対1で責められているような気持ちにもなります。

Westend61 / Getty Images

あくまで二人の関係についての話し合いなので、そこは対等に。二人のことは二人で話し合いましょう。

なるべく余裕のあるときを見計らって

Westend61 / Getty Images

不満を伝えるタイミングも大切。彼の仕事が忙しい時期や寝る前などだと、不満を聞き入れる余裕がなかなかありません。多忙な彼だと難しいかもしれませんが、なるべく彼の余裕があるときに伝えましょう。

彼の人格を否定しない

不満はあくまで「私はこう思うから不満だ」という個人的な意見です。彼に対して「どうかしてる」「男として情けない」「人として恥ずかしい」など、人格を否定する必要はありません。

記事に関するお問い合わせ