無料の会員登録をすると
お気に入りができます

[岡山]日本おとぎ話のきびだんごや金平糖など♪岡山や倉敷で見つけたキュートなお土産6選

旅行・おでかけ

桃太郎ゆかりの地として有名な岡山県。日本三大名園のひとつ「岡山後楽園」や、白壁の町並みが残る「倉敷美観地区」があり、自然溢れる観光名所が充実しています。今回はそんな岡山駅や倉敷で買えるおすすめのおみやげをご紹介します。

サクホロ食感のクッキーと桃クリームの甘みが楽しめる「岡山きびさんど」

「岡山きびさんど」5個 700円(税別)

ビビットなピンクのパッケージが目を引く「岡山きびさんど」は、クッキーに白桃クリームをサンドしたお菓子です。きびだんごの原料に使われるきび粉に、岡山県産の白桃果汁とはちみつを合わせたクッキーは、ほろっとした優しい食感。桃クリームの甘みを引き立てるやさしい味わいが楽しめます。

やさしい桃クリームの甘みが口いっぱいに広がる

おみやげ街道 晴れの国(オミヤゲカイドウ ハレノクニ)

竹久夢二を冠した洋風和菓子「いちご夢二」

「いちご夢二」4個入 480円(税別)

昭和23年創業の和菓子屋「竹久夢二本舗 敷島堂」の「いちご夢二」は、ふわっとしたやわらかな生地に北海道産の白いんげん豆で作った自社製餡と、敷島堂特製苺のコンフィチュールが入った三層の洋風和菓子。真っ白な生地は、岡山出身の画家である「竹久夢二」が描く色白の「夢二式美人」をイメージして作られたのだそう。

いちごのような真っ赤なパッケージは、思わず手にとってしまいたくなるほどかわいらしく、贈り物に喜ばれそうですね。瀬戸内市にある総本店は工場が併設しており、できたてお菓子が味わえたり、実演販売をしています。

コクのある白いんげん豆餡と甘酸っぱい苺ジャムの相性はぴったり

岡山夢菓匠敷島堂 邑久総本店(オカヤマユメカショウシキシマドウ オクソウホンテン)

明治20年創業の老舗菓子舗「吉備団子」

左:「プレーン・きなこ串吉備団子」各380円(税別) 右:「白桃・マスカット串吉備団子」380円(税別)

JR岡山駅後楽園口から東に延びる「桃太郎大通り」に店舗を構える「下山松壽軒」。かつて吉備国と呼ばれた岡山県の名物きびだんごを小粒にして串に刺した「串きびだんご」を販売しています。その中でもパステルカラーのパッケージがかわいい「吉備団子」が人気。デザインはイラストレーターである大神慶子さんデザインによるもの。

定番の「プレーン・きなこ串吉備団子」と、岡山の清水白桃と、マスカットオブアリキサンドリアを使用した「白桃・マスカット串吉備団子」は、ふんわりやわらかく後味がすっきり。ぞれぞれ個包装にしてあるので差し入れなどに便利です。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ