無料の会員登録をすると
お気に入りができます

恋愛って深いのよ♡「恋」と「愛」の違いってなに?

恋愛・結婚

「恋」と「愛」はまったく別物。

恋愛という言葉があるように恋と愛は似ています。しかし、まったく違うものでもあるのです。でも、その違いをちゃんと知っている人は少ないのでは?

そこで今回の記事では「恋」と「愛」を深く掘り下げます♡

“誰”が主体なのかしら

恋は“私”が満たされたい

簡単に言ってしまえば、自分一人でも成立してしまうのが恋です。人を好きになって、自分も好きになってほしくて、ときめいたりドキドキしたり。こんな風に自分の心が満たされれば幸せなのです。

愛は“あなた”の幸せで私も満たされる

愛の主体は相手です。自分がどうであろうと、相手が幸せそうに、満足そうにしているだけで、自分も幸せな気持ちで満たされます。恋愛だけでなく子供への無償の愛というのも、相手の幸せを願う最大の愛ですよね。

その気持ちをどうしたい?

恋は私が“求め続ける”もの

「もっと愛して欲しい」「私だけを見てほしい」「連絡がいっぱい欲しい」「仕事より私を優先してほしい」恋は自分の欲が止まることはありません。「もっともっと!」と求めてしまうものなのです。

恋人が自分のために何かをしてくれるとうれしくなるのは恋です。ある意味、“自己満足”でしかないのかもしれません。

愛はあなたに“与え続ける”もの

愛は相手を喜ばせたい、幸せにしたいと思うので、自分から与え続けます。物やお金ではありませんよ。深い愛情を与え続けるのです。自分が傷ついても幸せにしたい、まさに“自己犠牲”の精神なのです。

記事に関するお問い合わせ