無料の会員登録をすると
お気に入りができます

だからお金が貯まるんです♡“貯金上手な人”の5つの習慣とは?

お金がいつも貯まらない、そんな悩みは貯金が上手な人の習慣を模範すべし♡お金の引き出しかたから、お買い物の仕方まで、お金が貯まる人と貯まらない人には大きな違いがあるんです。その◯秘習慣をご紹介いたします。

ライフスタイル

“貯金上手な人”の5つの習慣とは?

貯金が上手な人、下手な人、その違いは習慣にあります。お金の引き出し方ひとつにお買い物の仕方まで、ちょっとした差がネックとなっているのです。

貯金上手な人に見習うべき、5つの習慣とは一体なんだと思いますか?早速、そのマル秘習慣をみていきましょう。

1.お金の引き出しが定期的

コンビニのATMを多用している人は要注意!貯金上手な人は、お金の引き出しは月末や給料日など、限られた日にしか利用しない人が多いです。一色端に引き出した後は、必要な生活費を差し引き貯金分も確保。

先ずは銀行ATMのみを利用!

コンビニのATMはその便利さから、お金が足らなくなったら引き出すという浪費循環が起きやすいです。時間外手数料も積み重なればバカになりません。多用している人は銀行ATMに限定するのがおすすめです。

銀行ATMは時間が限られているので、ある種の制限が生まれます。コンビニATMより自由が効かないので、お金を引き出す回数を減らすだけでも、浪費する機会自体が少なくなるでしょう。

2.口座、現金を使い分けている

貯金上手な人は口座をいくつかに分けたり、現金分などお金の振り分けが上手な傾向にあります。使い分けることでルーチンが作られ、収支が把握しやすくなります。家計簿をつけなくても、記帳が同じ役割に。

全部現金管理にしてみる

一番分かりやすいのは、手元で現金を管理してしまうことです。お金を管理するというリスクを背負うことで、お金に対する意識は高まるでしょう。貯金分に使う分、簡単な仕分けをするだけでも違うはず。

3.お買い物はメモ必須

買うべきものをメモに書き出し、効率良くお買い物。無駄なものを買うことは浪費習慣の歯車を加速させます。まとめ買いが節約では恒例ですが、小まめなお買い物の方が必要に応じたものだけ買えるメリットもあります。

記事に関するお問い合わせ