無料の会員登録をすると
お気に入りができます

だからお金が貯まるんです♡“貯金上手な人”の5つの習慣とは?

お金がいつも貯まらない、そんな悩みは貯金が上手な人の習慣を模範すべし♡お金の引き出しかたから、お買い物の仕方まで、お金が貯まる人と貯まらない人には大きな違いがあるんです。その◯秘習慣をご紹介いたします。

2016年7月
ライフスタイル

“貯金上手な人”の5つの習慣とは?

貯金が上手な人、下手な人、その違いは習慣にあります。お金の引き出し方ひとつにお買い物の仕方まで、ちょっとした差がネックとなっているのです。

貯金上手な人に見習うべき、5つの習慣とは一体なんだと思いますか?早速、そのマル秘習慣をみていきましょう。

1.お金の引き出しが定期的

コンビニのATMを多用している人は要注意!貯金上手な人は、お金の引き出しは月末や給料日など、限られた日にしか利用しない人が多いです。一色端に引き出した後は、必要な生活費を差し引き貯金分も確保。

先ずは銀行ATMのみを利用!

コンビニのATMはその便利さから、お金が足らなくなったら引き出すという浪費循環が起きやすいです。時間外手数料も積み重なればバカになりません。多用している人は銀行ATMに限定するのがおすすめです。

銀行ATMは時間が限られているので、ある種の制限が生まれます。コンビニATMより自由が効かないので、お金を引き出す回数を減らすだけでも、浪費する機会自体が少なくなるでしょう。

2.口座、現金を使い分けている

貯金上手な人は口座をいくつかに分けたり、現金分などお金の振り分けが上手な傾向にあります。使い分けることでルーチンが作られ、収支が把握しやすくなります。家計簿をつけなくても、記帳が同じ役割に。

全部現金管理にしてみる

一番分かりやすいのは、手元で現金を管理してしまうことです。お金を管理するというリスクを背負うことで、お金に対する意識は高まるでしょう。貯金分に使う分、簡単な仕分けをするだけでも違うはず。

3.お買い物はメモ必須

買うべきものをメモに書き出し、効率良くお買い物。無駄なものを買うことは浪費習慣の歯車を加速させます。まとめ買いが節約では恒例ですが、小まめなお買い物の方が必要に応じたものだけ買えるメリットもあります。

買い物の予定を組む

ふらっと買い物だとついつい購買意欲が刺激されてしまいますよね。お買い物を楽しむことはストレス発散には良いことですが、しっかり予定を組めばより密度の高いお買い物を楽しむことにも繋がります。

足りないものなどリストアップし、欲しいものもリストアップ。ついでに相場も調べておけば、あっちの方が全然安かった〜なんてガッカリ体験も防げます。

4.安売りに流されない

安いからコレ買っておこう!なんて経験ありませんか?目の前の安売りアイテムにはついつい誘惑されてしまうもの。でも貯金上手な人は安売りに流されません。

SALEも予定を組む

思いがけない安売りアイテムとの出会いは衝動買いを誘発します。ただし、SALE品でも本当に良いものに巡り逢えればラッキーですよね!デパートやショップのSALEは狙い撃ちの予定を組み挑んじゃいましょう!

5.お財布のお金を把握している

お金にいくら入っているか把握の有無は、金銭感覚を左右します。お財布に入れる現金の額は年齢×1000だといわれていますが、多くいれすぎるのも浪費を招くこととなります。

お財布チェック!

お財布を整理整頓することは金運アップでも欠かせない条件として有名ですよね。貯金上手な人は、出かけるごとにお財布に見合った額を入れる傾向にあります。予定に合わせて予算を考えるのも良い習慣です。

Pin it
ピンもと: solocontestas.com
3
16

だからお金が貯まるんです♡

細かな意識の差は、数年後の預金高の差を広げます。貯金が上手な人の習慣をぜひとも参考にしてみてはいかがでしょうか♡

あともう1万円♡我慢せずにお金を浮かせて貯金しよう!

毎月あともう少しだけ貯金できたら…と感じているなら、するべきなのは節約ではなく、自然に「お金を浮かせる」暮らし方を実践すること!我慢が少ないからこそストレスが少なく続けられる、そんな浮かせる貯金術をご紹介致します。
2048

これなら続けられる!ちょっぴり変わった貯金アイディア12選

今まで何度も頑張ってみたけれど、貯金が続かないなんて方はいませんか?そんな方でも思わず続けたくなっちゃうような、ちょっぴり変わった面白い貯金方法をご紹介します!
2149

だから貯金出来ない!いつも“金欠な人”の5つのタイプ

お金が貯まる人と貯まらない人、この差は一体なんでしょうか?いつも金欠状態、貯金ができない!という人のタイプは、大きく分けて5つあります。給料日前になるといつもカツカツ、なんて人は一度見直してみると新たな発見があるかもしれません。
1169
記事に関するお問い合わせ