無料の会員登録をすると
お気に入りができます

今年の冬は「ツヤ派?」「マット派?」ファンデーションのタイプ別で印象を変えるテクニック

メイク

カラーに合わせて「ツヤ感」か「マット感」を決める

私たちは服を選ぶ際、ブラック、ブラウン、カーキ、マスタードイエロー、ベージュ、パープル、ブルー、ピンク、ホワイトなどのファッションカラーを考え、季節に合わせてニットや柄物、コートなど質感を変えてコーディネートしていますよね。

それなのに、年中ファンデーションの質感は変わっていない、メイクの仕方がアップデートされていないのはもったいない!

●ブラック、ブラウン、カーキ、マスタードイエローのファッションの場合…モードに仕上げたいときは「マット」に。カジュアルに仕上げたいときは「ツヤ」を意識してみてください。

●ベージュ、パープル、ブルー、ピンク、ホワイトのファッションの場合…かっこいい印象に見せたいときは「マット」に。かわいらしい印象に見せたいときは「ツヤ」を意識してみてください。

次に、エステティシャンである筆者がファンデーションのタイプ別で印象を変える方法についてご紹介します。

ファンデーションのタイプ別で印象チェンジ!

「ツヤ感派」はクッションファンデーションがおすすめ!

(1)ベースメイク下地

「ツヤ感」を出したい場合
・液体系の下地もしくはクリーム状の下地で白くならないもの
・少しグリッター感のあるもの
・ピンク系のもの
を選び、顔全体に広げ、手のひらを密着させてしっかりなじませます。

(2)クッションファンデーション

クッションファンデーションは液状タイプでさっと伸ばせて、薄づきにしやすいので、肌の透明感を残したままツヤ感を演出することができます。

1.鼻の側面~ほお~フェイスラインに向かって
2.口角~フェイスラインに向かって
3.あご~フェイスラインに向かって
4.目もと、まゆの上~おでこ~生え際に向かって
5.鼻周り

顔の外側に向かってグラデーションになるように、パフを細かくトントンとスライドさせていくようにつけます。鼻周りや目もとなどのカバーしたいところはトントントンをくり返すことで厚みが出ますよ。

(3)クリアフェイスカラーかラメ感のあるフェイスカラーをのせる

ツヤ感を出したい場合は、クリアもしくはラメ感のあるフェイスカラーを大きめのブラシでふんわりのせるのがおすすめです。

「マット感派」は練り状ファンデーションがおすすめ!

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ