無料の会員登録をすると
お気に入りができます

私ってダメ人間なの?ありのままの自分でOK♡から始める「自分軸の作り方」

他人と比べて、イライラしたり羨んだり…。違いを見つけては、「自分ってなんてダメなんだろう」と落ち込む方も多いはず。社会の中で生きている以上、他人と自分を比較してしまうのは仕方がないでしょう。今回は、本当の自分を取り戻して自分軸を作る方法をご紹介しましょう。

2016年7月
ライフスタイル

気づいたら人と比べてしまう…

家族や同僚、友達など、私たちは社会の中で沢山の人と支えながら生きているため、人間関係は切っても切り離せない大切なもの。どんな強そうに見える人でも一人で生きていくことは不可能です。

しかし、そんな社会の中でよくありがちなのは、他人と比較して自分に劣等感を抱いてしまうこと。今日は、他者と自分を比較して落ち込んでしまう傾向がある方のために、少しでも気分を楽にする方法をご紹介します。

なぜ他人の比較してしまうの?

1. 何らかの劣等感を持っている

劣等感がある人ほど他人と比べる傾向にあると言われています。無意識に自分の悪いところと相手の良いところを比べてしまう癖がついてしまっているのです。

suzu on Instagram: “。 。 。 (′・ω・`) (′・ω・`) (′・ω・`) 。 ま、こんなもんやなぁ~w 満開の桜咲くとはいかなかったけども まぁ、仕方ないw 節約生活はじまりますw 。 。 #寄せ植え_suz 。 。 。  #多肉植物 #多肉 #succulents #succulent…”
instagram.com

例えば「自分は仕事がうまくいっていないけど、あの子は仕事を上手くこなしている」や、「自分には彼氏がいないけれど、あの子は素敵なパートナーがいる」など、自分にないものを見つけ相手に当てはめるのです。

2. 社会的な地位を気にする

特に、日本では"嫉妬"の感情を生み出しやすい社会と言われています。日本の学校教育から始まり、常に他人との競争が余儀なくされているため。受験・就職・出世戦争で、自然と社会的地位を気にしてしまうのです。

Raemi on Instagram: “Fall colors // キャンパスの銀杏が見頃だった。でももう散っちゃいそう。// #autumn #fallcolors #ginkgo #scenery #銀杏 #秋”
instagram.com

勝ち組、負け組なんて言葉も今や当たり前になってきましたが、そもそも競争というのは勝者と敗者しか生まれません。また、仮に勝ったとしても、また次の競争に挑まなければいけないといった負のループに。

3. 普通を気にする

普通や常識というのは多くの人が辿ってきた道筋のことを指しますよね。まるで、あたかも当たり前のようになっている「人生でやるべきことのこと」のように感じます。

gain・なっちゃん on Instagram: “You return like autumn 🍁, and I fall every time 🍂. . . // #中津峡 in #秩父”
instagram.com

例えば、社会人になったら何歳までに結婚して子供が生まれ、幸せな家庭を築いていかなければならないというようなもの。それが一つでも達成できなかったら、ダメな人間なんだと思いこんでしまいがち。

4. 自分を認められない

自分を認めてあげる感情のことを「自己肯定感」と言いますが、自分をなかなか認められない場合は、自己肯定感が低い可能性があります。真面目な性格の人に多く、どうしても悪いところだけに注目する癖があります。

pumira on Instagram: “2018.09.25* + 吹田の実家へ🚗 ・・ お庭に置いていた、 使わなくなった植木鉢や、 飾っていた雑貨、 古道具屋さんで求めた錆び錆びしたものなどを、 処分してもらいました。 今まで楽しませてくれてありがとう。 の気持ちは忘れずに…。 (吹田市は無料なのです。)…”
instagram.com
記事に関するお問い合わせ