無料の会員登録をすると
お気に入りができます

彼と喧嘩した!どこまでがOKとNGの境界線なの?

どんな幸せなカップルも喧嘩はつきものです。でも言っていいラインと、言ってはいけないラインがあります。彼と絆を深める喧嘩にしていくために、その境界線をはっきりさせておきましょう。

2016年7月
恋愛・結婚

喧嘩で絆が深まるか、別れるか。

NGラインは知っておこう

どんなにラブラブなカップルも喧嘩を免れることはできません。育った環境も違えば、考え方も違う他人である二人が同じ方向を向いて歩いていくためにはたまに衝突もあるのです。

Pin it
ピンもと: oncewed.com
4
15

でも相手が傷ついて立ち直れないところまで責めてはいけません。喧嘩で言ってはいけないことの境界線をご紹介していきましょう。

「支えられている」感覚が彼を結婚へ動かす。男性が癒やされるポイント

男性がつい彼女に癒されて、もっと好きになるのはこんな時です。意識的に彼のことを大切にして行動を起こしてあげるだけで、ぐっと気持ちは楽になります。つい好きになって、将来のことまで考えてしまう条件をご紹介しましょう。
1982

フラれたって神対応!告白を断られても男が惚れちゃう会話術

あなたが思い切って告白したのに、交際を断られてしまったり、ずっと付き合ってた人にフラれてしまった場合、すぐには気持ちを切り替えられないですよね。可愛さ余って憎さ百倍になる前に、彼がフってしまったことを後悔させるくらい可愛く切り返す会話術があります。
1140

表情を見てどこまで話すか決める

彼と喧嘩をしてしまった時、どこまで言うべきか悩みますよね。話す内容や伝える度合いは、彼の表情を見ながら決めていきましょう。事実を伝えたり、図星を刺してしまうと、人の表情は曇ります。

女性は話し合いが好きですが、男性は喧嘩のない平穏な関係を好む傾向があります。彼の表情が曇っているのに会話を続けるよりも、簡潔に淡々と事実を述べたり、助け舟を出すような会話をしていきましょう。

腹が立っても暴言はダメ

汚い言葉は後に残るから

どんなに腹が立っても洗い汚い言葉は使わないように心がけましょう。感情が高ぶっているとつい声を荒げたくなったりしますが、それでは肝心のあなたの気持ちが相手に伝わりにくくなります。

「お前」や「テメェ」もNGです。

どこに腹が立ったかを伝える

怒ってるポイントをまず示す

あなたが腹が立ったポイントをまず伝えましょう。「私は〜されると悲しい」のように主語を「私」にして、気持ちは「〜と感じた」や「悲しい」のように相手を攻め立てるような言い方はしないようにしましょう。

男性は感情的な女性が大嫌いです。彼の心に伝わるように伝えつつも、彼のプライドや心まで傷つけないように配慮しましょう。喧嘩の中でもあなたが彼を思いやる気持ちが伝わると、仲直りまで早くなります。

どうしてほしかったかを話す

思い描いていたイメージを伝えること

嫌だったポイントを伝えた後は、具体的にどうしてほしいのかを伝えましょう。あなたの言いなりにはならなくても、お互いの妥協点や解決策を導く上で、とても重要です。

ダメ出しはするのに改善策の提案をしないのは、できない上司が怒り狂うようなもの。逆の立場で考えても困りますよね。愛し合ってそばにいる二人なのですから、仲直りをしたい方向で話を進めていきます。

あなたの怒りの原因はどこにあるの?

あなたの怒りの原因は、自分の意思を貫きたいワガママなのか、彼のことを想ってなのか、それとも彼ならわかってくれると思ったのにそうではなかったからですか?女性は察してほしい生き物です。

本音を話さないと、男はわからない

でも男性は察することができないので、何が間違っていてなぜ怒っているのかがわかりません。喧嘩を放棄して出て行くよりも、どうしてほしいのか本音を素直に語る方がうまくいきやすいです。

「がんばってる姿を誰より一緒に歩んできたあなたに見てほしかったから、悲しかった」など簡潔に相手に伝わるようにしましょう。時間をかけて、彼は理解を示すかもしれません。

逃げ道は残すこと

喧嘩になっても、彼がどうすることもできないくらい攻め立ててはいけません。必ず逃げ道を残してあげることです。

助け舟は出してあげよう

仲直りの方法をあらかじめ決めておくとか、「甘いもの買ってきてくれたら許してあげる」など助け舟を出すことで彼も折れやすくなります。

「さっきは言いすぎてごめんね」な女性が最初に仲直りの方向性を見せることで、彼も心が柔らかくなります。プライドを曲げられないプライドなんて邪魔なだけです。柔軟な心を持つ女はいい女です。

受け止めきれない想いは別れのきっかけに

言えば良いというわけでもない

どんなに腹が立っても全て思っていることを言えばいいかというと、そういうわけでもありません。彼が受け止めきれないと、そのまま別れにつながる場合もあります。彼が一人で考える時間もあげること。

男性にはぼうっと1人でいたい時間が必要です。あなたは不安にならずにじっと待ちましょう。孤独を感じるのも恋愛の要素の一つです。いつも幸福でべったりそばにいることだけが恋愛ではありません。

仲良くなる喧嘩をしよう

本音で話し合えばもっとお互いのことをわかるようになります。その時に全て打ち明けなくても、少しの疑問は二人がハッピーな時に「〇〇はどういうこと?」とさりげなく聞けばいいのです。

相手の心に寄り添えるような関係を築いていきたいですね。

記事に関するお問い合わせ