無料の会員登録をすると
お気に入りができます

エステテシャンが実践している夜習慣!冷え&乾燥対策に「保湿&足マッサージケア」

美容

エステティシャンが実践している保湿&足マッサージケア法

寒い季節になると足先や手先が冷たくなったり、体をさわると冷たく感じることはありませんか? 一日の終わりに肌の保湿ケア、マッサージを行うと、就寝時までポカポカして、翌日もすっきり目覚めることができますよ。ぜひ、とり入れてみてください。

(1)入浴の際はマッサージグッズや入浴剤は必須アイテム
冬は特に足の指先まで冷えやすいですよね。ブーツやタイツ、靴下などで縮こまった指先を広げましょう。足の指先までしっかり温めることで全身ポカポカに温まります。

コロコロマッサージやカッサなどを湯船に持ち込んで、入浴しながら足裏の土踏まずやふくらはぎ、足首周りなどをマッサージします。体を温めながらマッサージを行うと血行促進、リンパが促進され、体もスッキリして、芯から温まりやすくなりますよ。

入浴の際に入浴剤をプラスすることで温浴効果が高まるので、体の芯から温まりやすくなります。私がしっかり温まりたいときに愛用しているのは炭酸、水素、バスソルト、ゲルマニウムなどの入浴剤です。

(2)美容オイル+クリームで保湿&足マッサージケア

お風呂上がりに美容オイルとクリームを用意します。
冬の間は空気が乾燥しているので肌の水分が奪われやすくなります。さらに入浴後は温かいお湯を浴びることで肌が乾燥しやすくなります。そんなときに役立つのが美容オイルとクリームです。W使いで肌に塗って保湿力をいつも以上に高めるのが乾燥対策のポイントです。

1.最初に美容オイルをなじませます。

2.クリームを脚全体に広げ、キュッと縮こまりやすい足の指をそらし、指を伸ばし、指と指の間を広げます。

3.足の甲を包み込むように、親指の面で約10回流します。

4.足の裏の土踏まず、指のつけ根、かかと周りを約1分押しながらもみほぐします。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ