無料の会員登録をすると
お気に入りができます

家事のプロに聞く うんちや食べこぼしなどの汚れ…洗濯を時短化したい!

子育て
www.gettyimages.com

赤ちゃんが生まれると一気に増えるのが洗濯物の量。一日に何回も着替えたり、うんちやおしっこで汚したり。保育園に通っていれば泥だらけの衣類、週末にはシーツ類…いくら洗っても減らない洗濯物にため息が出ることがありますね。そこで、洗濯の負担を少しでも減らすコツやワザを、知的家事プロデューサーの本間朝子さんにお聞きしました。

関連:得意な家事は?後回しにしがちな家事は?【5715人ママ調査!】

洗濯の負担を減らすカギは、「管理しやすいシンプルな衣類」を選ぶことから始まります

時短家事の基本的な考え方として「大変になることを予防する」というものがあります。洗濯なら、洗濯しやすく管理しやすい衣類を選ぶ、ということです。
管理しやすい衣類の例としては、
・色落ちしにくい
・汚れが落ちやすい
・シワになりにくい
・ポケットやフードなど余計な飾りがない
・乾きやすい
といったものが挙げられます。
赤ちゃんの衣類は綿素材が多いですが、綿はジャブジャブ洗えるので、洗濯にはとても便利ですが、砂場の砂や広場の芝などが入り込みやすい素材でもあります。外遊びの時は、ナイロン素材でできた衣類を選べば、パパッとはたくだけで砂や芝が落とせるので手入れがラクになります。
また、赤ちゃんの衣類は成長すると要らなくなるものが多いですね。よだれかけもその一つですが、専用のものでなくても汚れてもいいミニタオルで代用すればモノが増えないうえ、多少汚れが残っても気になりません。
お出かけ用は別として、ふだんの衣類は管理しやすいもの、という観点から選べば洗濯の負担はかなり減らすことができます。

時短家事の3原則を守れば、毎日の洗濯がラクになる!

家事の時短化をするために大切なポイントは3つあります。
「家事をしやすい環境と整えること」「家事の工程や使う道具を見直すこと」「家事をシェアしやすいしくみを考えること」です。これらは家事全般にいえることですが、もちろんこれらを頭に入れて取り組むことで洗濯に関連する家事も効率よく進めることができます。これらに基づいたアイデアをいくつか紹介します。

ポイント1:洗濯しやすい環境を整える

まずは、あなたの洗濯環境をチェックしてみましょう。
□洗濯場所、干し場所、収納場所の距離は近いか
□天候に影響されずに洗濯物を乾かせるか
□扱いやすい道具が必要な数だけそろっているか

この3つをクリアできていれば、効率いい洗濯環境と言えます。逆に、できていないと感じているなら、それが洗濯に手間や時間がかかる原因になっているかもしれません。
洗濯場所と干し場所が遠いのは間取りの問題などもありすぐに解消できないかもしれませんが、収納場所なら干し場所の近くに移動しやすいでしょう。そのとき、収納場所は分散させず、なるべく近い場所にまとめたほうが効率的です。
乾燥環境と道具については後ほど詳しく紹介します。

ピンチハンガーの収納は効率よく!

ピンチハンガーはガチャガチャした見た目で収納場所に困っている人も多いのではないでしょうか。これからピンチハンガーを買う方は、たたんだときの大きさを調べ、収納場所を決めておくと効率よく作業できますよ。
また、洗濯機のまわりには「近くにないと困るモノ」だけ置くようにしましょう。ムダなものが多いとピンチハンガーの出し入れがしにくいので、別の場所に移動させましょう。

ポイント2:工程や道具を見直す

家事が効率よく進まないときは、工程や道具に原因があることがあります。何気なくしていたことや使っていたものを変えるだけで、劇的に時短できることがあります。

除湿機を導入する

天候に影響されずに洗濯物を乾かせる環境が、時短化するには重要なポイントであることはお話しました。乾燥機があればベストですが、どこの家庭にもあるものではないですよね。そこでおすすめなのが除湿機です。1万円台から手に入りますし、乾かす場所に手軽に移動できるのも魅力です。干す場所の近くの部屋にエアコンがあれば、扇風機と連動させて乾かすと、単体で乾かすよりもコスパがよくなりおすすめです。

バスタオルをフェイスタオルに変更する

ねんねの赤ちゃんのおふろのお世話にはバスタオルが便利ですが、それ以外ならフェイスタオルでほとんどが事足ります。バスタオルは1枚でフェイスタオル3~4枚分の洗濯量になり、洗うとき、干すとき、収納するとき、すべてにスペースが取られてしまいます。おふろ上りはバスタオル、という思い込みは捨てて、フェイスタオルに変更することで、洗濯はもちろん収納の負担を減らすこともできます。

マット類の洗濯をなくす

玄関マット、キッチンマット、バスマット、トイレマット…家にはたくさんのマットがあります。マットは厚手で乾きにくく、ほかの洗濯物と分けて洗うことも多いので非効率ですね。掃除するにも邪魔になるので、マットが本当に必要なのか、見直してみましょう。
私は、玄関マットとキッチンマットはやめて、バスマットを珪藻(けいそう)土のものに、トイレマットをビニールタイプのものに変更しました。ビニールなら、汚れもさっとふくだけできれいになります。トイレトレーニングなどで汚してしまったとしても、シャワーでさっと流すだけなのでお手入れがとても簡単です。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ